体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島原発事故「レベル7」引き上げ チェルノブイリなみに

hoanin1100.jpg

 原子力安全・保安院は2011年4月12日11時頃におこなわれた会見で、東日本大震災の被災による一連の福島原発の事故について、国際基準に基づく事故の評価を「レベル7」に引き上げると発表した。これは25年前の1986年、旧ソビエトで起こったチェルノブイリ原発事故と同じ評価。

 原発で起きた事故については、原子力安全・保安院が、事故の深刻度に応じて「国際評価尺度(INES)」を設定、レベル0から7までの8段階で評価している。これまで福島原発事故は暫定的に「レベル5」が設定されていたが、今回、引き上げられた「レベル7」は評価尺度としてチェルノブイリと並んで最悪のもの。なお、国内最悪だった東海村臨界事故(1999年)はレベル4、スリーマイル島原発事故(1979年)はレベル5とされている。

【4/12・11:20開始】​経済産業省より原子力安全保安​​院・原子力安全委員会による​合​同記者会見【再放送】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv46383993
(番組はタイムシフト機能でいつでも視聴できる)

丹羽一臣

【関連記事】
新たに「計画的避難区域」を設定 福島第1原発事故
枝野長官、原発事故に対する設計者・上原春男氏の提案に言及
原子力安全委員会の動きが見えないのは「ある意味当然」と枝野長官

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会