体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「安心は、おいしい!」。au WALLET Marketのバイヤーが惚れ込んだ「秋川牧園」のこだわりとは?

日本全国からこだわりの食材を厳選してお届けする新サービス「au WALLET Market」が、いよいよ8月25日からスタートした。食材宅配や”お取り寄せ”が大きなブームとなっている中で、世間を満足させる美味の食材をどのように探しているのか。「au WALLET Market」独自の切り口や、仕入れ先・商品選定の基準を探るべく、山口県の「秋川牧園」に向かう担当バイヤーを密着取材した。

暑い日差しが照りつける8月中旬の午後、取材班が降り立ったのは山口宇部空港。ここから車で約1時間のところに、一行が目指す「秋川牧園」がある。無農薬野菜や無添加食材の宅配を行っている会社だが、「ここに、今回の目玉商品の一つがあるんです」と力説するのは、バイヤーを担当しているKDDIコンシューマビジネス開発部の吉田邦明。現地を見る前から思わずその言葉に納得しかけたのは、空港周りの木々や花々が、まるで南国の地を思わせるほど生き生きと育っていたからだ。適度な湿気と十分な陽光。ほどよい湿り気のある風。こういう風土から生まれる野菜や卵は、美味しいに違いないという直感が走った。ほどなく、それを確かめることになるのだが。

いよいよ農園へ!

午後1時すぎ、「秋川牧園」に到着。牧園がある山口市仁保下郷は、近くに仁保川が流れ、田園や畑が広がるのどかな地域だ。さっそく、マーケティング室室長の綱木崇文さん、マーケティング室の小田英明さんに案内してもらい、無農薬栽培の畑を見せてもらうことに。吉田バイヤーは、「無農薬栽培というだけでもこだわりの強さは分かっているんですが、自信を持ってお届けするには、やっぱり自分の目で現場を確かめないと」と熱く語る。

Jリーガーから農業の世界へと転身

秋川牧園の無農薬農場の一つ「ゆめファーム」では、農場長の藤本将吾さんが迎えてくれた。健やかでたくましい雰囲気だが、箔プリントのにんじんTシャツ(オリジナルデザインだそう!)にお茶目な人柄がにじみ出ている。実は、6年前まで保健体育の教諭であり、レノファ山口FCでプレイするJリーガーでもあった藤本さん。農業に転身したきっかけは、何だったのだろう。

「教員時代は、情緒障害児短期治療施設というところに通う小中学生に保健体育を教えていたんですが、中には花壇にズケズケと入ったり、花を抜いて投げたりする生徒がいて。一教員としてどうにかしたいと思い、その子たちに花を育てさせようとしたんです。花を抜いて投げるのは、植えた人の気持ちが分からないからだと思ったので。でも、自分の中学時代を振り返ってみると、花には全然興味がなかったなと(笑)。そこで野菜を植えてみました。すると、それまで遅刻が当然だった生徒たちが、朝早くに登校して水遣りをするようになったんです。野菜よりも生徒たちの方が成長していった。それを見て、野菜にはすごい力があるんだと思い、農業に打ち込んでみたくなったんです。全く経験はなかったんですけどね。実家? 農業とはいっさい関係ないです(笑)。近くに聞ける人もいませんでした」


藤本さんの農園で採れた色とりどりの野菜たち。ピーマンは、額が五角形のものが美味しいそう

経験ゼロ、知識ゼロから独学で始めた藤本さん。今では、約10反の広さの農園にオクラやなす、カラーピーマンなどが豊かに実っている。1年を通して50種類くらいの野菜を育てているという。太陽に向かってまっすぐ伸びるオクラを見ながら、「オクラって、上に向かって大きくなるんですね。大好きなのに知らなかったなあ」とつぶやく吉田バイヤー。

「じゃあ、食べてみますか?」と藤本さん。「生で食べられるんですか?」と驚く吉田バイヤーに、「ヒゲが気にならなければ大丈夫。無農薬だから、さっと汚れを拭うだけで安心して食べられます」とのこと。もぎたてのオクラを一口かじった吉田バイヤー、「うん、おいしい! 甘い!!」と笑顔に。藤本さんは、実が詰まっていて筋張りにくいオクラを育てようと研究している最中だそうだが、「今でも、生でこんなに味わい深いのに、もっと美味しいオクラができるかもだなんて将来も楽しみです」と期待をのぞかせる。

3種類のオクラを食べ比べ。「確かに味が違う! こういう食べ比べセットもいいですね」と吉田


「野菜の生長を邪魔しなければ、雑草もあっていいんですけどね。それが自然な姿だと思いますから」と藤本さん

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。