ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社へ行かなくなって宣伝会議賞グランプリを獲って “Copywriter” として戻ってくるまでの懺悔と感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。LIGのCopywriterとして在籍することになりました田辺百一(たなべ・ひゃくいち @tanabe101)です。ぜひ「百一」と呼び捨てにしてください。

さて今回は、とある社会不適合者のお話。「こんなやつでもなんとか生きていけるのなら、わたしも大丈夫だろう」と思っていただけたら嬉しいです。

ある日、会社に行かなくなる

わたしはこれまでLIGの外部メディア運用チーム「LIGMO」のエディターとして「ハマ」という名前で活動してきました。

入社してまもなく。家庭の事情により、オフィスではなく自宅でのリモートワークを実施することに。その後、状況も落ち着いてきたため、「さて、出社しようか」と考えたものの、驚くべきことに身体がどうしてもオフィスへ向かおうとしてくれません。結局、その後も自宅での勤務を続けることになりました。

悩みに悩んだ末、「これ以上の迷惑はかけられない」と伝えたところ、筋肉質なチームリーダーから「そのままのスタイルでいいから一緒にやろう」との言葉が。チームメンバーのサポートのおかげもあり、以降はオフィスにいない幽霊社員として働くことになったのです。

宣伝会議賞グランプリを受賞する

とはいっても、わたしの心の中では「このままじゃダメだ」との焦りが常に渦巻いていました。ただ、焦れば焦るほど焦っていくわけです。

そんな2014年の秋。JR秋葉原駅の地下通路で、第52回宣伝会議賞の募集告知ポスターが目に入りました。わたしはかつて、コピーライターを目指していたことがあります。宣伝会議賞に初めて応募したのは約15年前の大学生のとき。結局は、見事に惨敗しつづけて諦め、就職活動もしないまま私小説を書きつづけるという日々に堕ちていくことになるのですが……。

それはともかくとして、宣伝会議賞のポスターを目にした瞬間、その場で動けなくなってしまったのです。今の自分の目の前に立ちはだかっている現実とはまったく異なる未来を信じて目を輝かせる、かつての自分の姿が脳裏をよぎったからでした。

もう一度、あの頃のように熱くなってみたい。そんな気持ちで宣伝会議賞へ作品を応募。結果、光栄にもグランプリを受賞することができました。LIGのメンバーはもちろんですが、迷惑をかけつづけたチームメンバーが喜んでくれたことが特に嬉しかったのを覚えています。

宣伝会議賞グランプリを受賞しても何も変わらない

ただ、当然ですが、宣伝会議賞グランプリを受賞したからといって何かが勝手に変わってくれるほど世の中は甘くありません。結局、なんとかして自分自身で変えようとしなければ、何も変わらないからです。

その後も自宅での作業を続ける日々の中で「変わらないことに甘んじるのはやめて、変えることにしよう」と思い立ちました。そこで、まずは宣伝会議賞グランプリを受賞した作品を実際に広告化しようと動くことに(なかなか厳しい状況ではありますが現在も奮闘中)。

次に、取り掛かったのが「LIG Copywriters(LIGコピー部)」の創設です。Web業界における “Copywriter” として、クライアントの課題を解決する提案をコトバの観点からプランニングすることで貢献したいと考えるようになりました(もちろん、在宅ではなく出社して)。

ただ、残念なことに、わたしには広告業界におけるコピーライターとしての実務経験がほとんどありません。受賞後にコピーライターとしての転職のお誘いをいただくこともあったのですが「広告業界での経験がない」と伝えると、「やっぱり、それだと現実的に難しいね」となることも少なくなかったのが実状です。

でも、そういうことを言われると「本当に現実的に難しいかどうか」を自分の身体で試してみて実際に痛い目に合わないと納得できなくなってしまうのがわたしの悪いところ。「業界未経験だからコピーが書けないわけでもないし、広告業界にいないからCopywriterになれないというわけでもないんじゃないだろうか」と思うようになりました。

というのも、LIGには出版社や編プロでの実務経験がなく、Web業界からキャリアをスタートして大活躍している編集者など、目標となるモデルが身近に存在していたからです。

LIG Copywriters(LIGコピー部)の創設

早速、LIGが実施していたラブレター採用へ「LIG Copywriters(LIGコピー部)を創設したい」との想いを綴った手紙を送ることにしました。すでに社員である人間が自社の採用に応募するというのもおかしな話なのですが。

そのラブレターの形式については失敗したというか後悔していることもあるのですが(それはさておき)、結果としてその方向で動くことに。チームメンバーも前向きに応援してくれて、「こんなにやさしいチームは他にないんじゃないかな」と素直に思っています。

LIG Copywriters(LIGコピー部)の創設メンバーは、菊池さんジョンさん、わたしの無表情な3名で、他部署と兼任するというスタイルで始動。まだまだスタートしたばかりですが、目の前の仕事と一つひとつ精一杯に向き合うなかで、少しずつ社内外からの理解と協力を得られるようになれればと思っています。

個人的には、これまで迷惑をかけてしまったことを懺悔しつつ、これまで支えつづけてくれたことに感謝しつつ。LIGというチームにおける貢献度を高めていけるようにがんばります。楽しみです。

LIG Copywriters(LIGコピー部)でなにをしたいのか

今、Web制作におけるコピーライティングの価値は低いです。コトバがコンテンツの訴求力そのものを決定すると言っても過言ではないにも関わらず、プロジェクトメンバーにコトバのスペシャリストであるCopywriterが参加しないというのは何ともったいない状況ではないでしょうか。

だからこそ、LIG Copywriters(LIGコピー部)は、コトバのスペシャリストとして全社横断的に関わっていくなかで、そのようなクライアントの多大な機会損失をなくし、クライアントの課題が最も適切に解決される形でコンテンツが世界へ発信される仕組みをつくりたいと思います。

いいコトバが、いい考えかたをつくる。

いい考えかたが、いいプロジェクトをつくる。

いいプロジェクトが、いいプロダクトをつくる。

いいプロダクトが、いいセカイをつくる。

いいコトバで、みなさんの案件を支えたい。

いいコトバで、いいセカイをつくりたい。

LIG(Life is good)にコトバの力を掛け合わせることで(×Words=)、「WorLd Is Good」になる。ちょっとコトバ遊びみたいに聞こえてしまったら嫌ですが、そんなことを考えているのです。

なぜコピーライターじゃなく “Copywriter” なのか

だいぶ申し遅れましたが、冒頭からコピーライターではなくCopywriterと名乗っているのには理由があります。単純に「コピーライター」と聞いたときに「ピンとこない」という人が意外に多いと思ったからです。

例えば、糸井重里氏も以下のように書かれています。

ぼくがいちおう自分の肩書きにしている
「コピーライター」なんていう職業などは、
登場してから時間の経っていない新参者なのに、
なんだか、もう、ピンとこないものになりつつある。
もともと日本では「広告文案家」というような
言われ方をしていたものが、アメリカの言い方に倣って、
「コピーライター」というようになったらしい。

ほぼ日刊イトイ新聞-ダーリンコラム

ピンとこない原因としては、もともとアメリカで使われていた肩書きであるという背景も大きいのではないかと思います。現に、アメリカと日本とでは以下のような差異が見受けられるようです。

コピーライターは、戦略志向であってほしい。そうすればもっとコピーの影響力が深まり、その感染する範囲が広がり、長い賞味期限を保ち、力強くブランド戦略を牽引することができるのだ。アメリカと日本のコピーライターの違いをあげるとしたら、そのポイントが一番の差異ではないだろうか。

コピーライター養成講座(宣伝会議)で講演を行ないました

ただ、裏を返せば、本来コピーライターは世界標準の役職であり、コンセプト設計から関わる肩書きとして知られているとも言えます。

実はコピーライターに代わる肩書きのアイデアも社内で考えてはみたのですが、やはり「コピーライター」という響き以外はしっくりきませんでした。

そこで「Copywriter」と、英語表記を使用することにしたのです。従来の「コピーライター」の価値を世界標準にまで引き上げる。そんなLIG Copywriters(LIGコピー部)の想いも表現されています。

さいごに

といっても、まだまだLIG Copywriters(LIGコピー部)は生まれたばかり

ちなみに、わたしがLIGのCopywriterとして手がけた最初の仕事はこちら。先ほど「こんなにやさしいチームは他にないんじゃないかな」と紹介したチームLIGMOの求人募集記事のライティングです。「タイトル」と「こんなことやります」の部分を書きました。


「なにがコンテンツマーケティングブームやねん」と怒れる編集者、求む

チームリーダーの渋谷へのヒアリングを通し、LIGMOが最も伝えたいことを絞り込んだコンセプトを用意し、LIGMOならではの反骨的なストイックさと、何よりも自分自身が身をもって痛感しているチームとしてのあたたかさを表現できるように心がけました。

結果として閲覧数も好調で、掲載先メディアのおすすめ記事としてピックアップされることになり、ひとまずホッとしております。ただ、まだまだ、みなさんからのご応募を楽しみにお待ちしております!

そして、コトバの観点から解決したい課題を抱えている方がいれば、ぜひお気軽にご連絡を。今後ともLIG Copywriters(LIGコピー部)をどうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP