ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村山談話 裏切られた保守派の怒りが激しく国会決議が流れた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相が発表した戦後70年談話は、戦後50年談話である「村山談話」を事実上撤回する目的で発案されたが、連立政権を組む公明党の顔色も窺う必要があった。そのために、「おわび」や「植民地支配」といった言葉を盛り込んで玉虫色の巧妙な談話に仕上げた。

  しかし、そのままでは保守派の失望を買いかねない。安倍首相はそれを防ぐために談話に「私は」という主語を敢えて入れず、さらには日露戦争がアジアやアフリカの人を勇気づけた、など保守派が喜ぶ数々のフレーズを散りばめた。

 安倍首相が国際世論より国内の特定の保守層に目を向けるのは、「苦しい時に支えてくれた」という思いが強いからだ。

 3年前の自民党総裁選の際、安倍首相は党員投票でも国会議員票でも2位だったが、自民党本部の前には200人あまりの熱烈な安倍支持派が集まり、「安倍さん頑張って」の声をあげた。首相のフェイスブックでは、中国や韓国に強い姿勢を示すとコアな支持者から「いいね!」が押され、首相はそれを“国民の声”と受け止めてきた。だから安倍首相は応援団の離反に神経質になる。

「安倍政権がTPP交渉に参加し、消費税を増税したとき、保守派の一部が“安倍は裏切った”と反対デモを企画して永田町で抗議行動を始めたことがある。官邸サイドは焦って、複数の保守論客に相談したほどだ」(保守系団体幹部)

 とくに、支持率と不支持率が逆転した状況の中で、安倍談話によって応援団が「反安倍」行動を起こすようなことになれば政権の屋台骨が危うくなる。裏切られた時の保守派の怒りは激しい。実は、過去の談話の際にも、似た状況があった。

 20年前、国会に「戦後50年決議案」が上程された際、保守派団体は500万人の謝罪決議反対署名を集め、自民党参院幹事長だった村上正邦氏に働きかけて決議案の修正を突きつけた。

 だが、時の自民党執行部は決議文の文言を巧妙に書き換えて日本の植民地支配や侵略への謝罪を盛り込んだ決議を衆院で採択した。「騙された」と激高した保守派団体幹部たちは自民党本部で村上氏のネクタイをつかみ、参院での決議反対を要求した。村上氏はこういう。

「私は絶対に参院では決議させないと決めたので、国会決議は流れたんです。それで村山さんは首相談話という形で発表することになった。それに比べて安倍さんの談話は心がこもっていないね」

 その記憶があるから、安倍首相は最後まで「おわび」しないことにこだわったのだろう。だが、一部の応援団には誤魔化しは利かなかったようだ。

 談話発表後、首相のフェイスブックには、

〈長く書いて目くらましにしているだけで、河野、村山談話を継承しているにすぎません。もう、愛想が尽きました〉
〈安倍! オレはお前だけは信じていた。でも、お前も負け犬なんだな。もう、支持しない〉

 といった熱狂的な安倍支持者の書き込みが増え、コアな応援団の安倍離れが始まっている。

 皮肉な現象も起きた。安保法案強行というタカ派路線で急落した内閣支持率が、“安倍色”を薄めた70年談話で再上昇したのだ。

 そうした民意に気づいてこれからの政権運営で軌道修正を図るか、それともあくまで「特定の保守層」を向いた路線に邁進するのか、その選択で政権の行く末が決まってくるはずだ。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍談話 公明党の顔色窺い保守派も気遣う政治的妥協の産物
安部首相ウェブマガジンから44本の記事を厳選・再録した本
安倍首相のFB靖国参拝後 いいね!8万件も保守派内で議論も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP