体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏を彩る白くてあま〜い天使、最強の極上ソフトクリームはどれだ?

f:id:naruse_e:20150731111548j:plain

ソフトクリーム、お好きですか?

コンビニでガリガリかじりつくアイスを買うのも夏の楽しみですが、しっとりなめらかでコクのあるソフトクリームって、やっぱり別格だと思うんです。最近はプレミアムソフトクリームの「クレミア」が話題になりましたが、都内にはそれ以外にも「極上のソフトクリーム」があります!

ということで、今回は有名ソフトクリーム店の名物ソフトクリームを、「しっとり」「なめらか」「コクがある」の理由でもある乳脂肪分・乳固形分で比較してみようと思います。

ちなみに、ソフトクリームを含むアイスクリーム類は、「乳等省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)」で名称が定義されています。 アイスクリーム →乳固形分 15.0%以上(そのうち乳脂肪分8.0%以上) アイスミルク →乳固形分  10.0%以上(そのうち乳脂肪分3.0%以上)
ラクトアイス →乳固形分  3.0%以上
※乳固形分=乳脂肪分+無脂乳固形分

今回は、実食したソフトクリームがこのうちのどれに当たるのかと、それぞれのソフトクリームのお味の違いを調査していきます!

オーガニックミルクのやさしい味わい〜SOFTREE 広尾店〜

f:id:naruse_e:20150731110556j:plain

最初にやってきたのは、広尾にあるSOFTREEというお店! 以前は「MILKCOW」という名前で営業していたので、そちらに聞き覚えのある方もいるかも。

f:id:naruse_e:20150731110632j:plain

化学飼料・化学合成物質などを一切使用しないオーガニック牛乳のみを原料にしているというこちらのソフトクリーム。低温殺菌された牛乳は栄養価が高いのだそうです。さっそく、注文してみましょう。

f:id:naruse_e:20150731110646j:plain
定番のオーガニックミルクソフトクリームORIGINAL(490円)

どんっ! と、カップに入って登場しました。こちらがORIGINAL(490円)です。

f:id:naruse_e:20150731110730j:plain

くるんと立ち上がったツノを見ていたら……付属のスプーンがあるのに、思わず「ぱくっ」と、手よりも口が先に動いてしまいました。

うん! おいしい!!

口にした瞬間、ミルクの風味が一気に口の中を駆け巡り、鼻に抜けていきます。甘さ控えめで、ミルク本来の味が楽しめるソフトクリームは、なんだか銭湯で腰に手を当てて飲んでいた、あのビン牛乳を思い出させる優しくしっかりした味わいです。

f:id:naruse_e:20150731110749j:plain

トッピングの一番人気は、こちらもオーガニックの「コムハニー(天然蜂蜜)」を巣ごと乗せたもの。

f:id:naruse_e:20150731110801j:plain
コムハニー入りソフトクリームWOW! HONEY CHIPS(630円)

天然のコムハニーは高級食材の一つで、ビタミン・ミネラル・カルシウムやポリフェノールなど、美容と健康によい成分が150種類以上含まれているそうです。とろけるようなはちみつと一緒に食べると、よりなめらかさが増しました。びっくりしたのがはちみつ特有の「喉に引っかかる」感覚がなかったこと。

お店の方にお聞きしたところ、こちらのソフトクリームは無脂乳固形分が約10%、うち乳脂肪分が約8.0%とのことでした。つまり、乳固形分は約18%ということになり、分類はアイスクリームってことですね。ふむふむ。

チョコレートのコクが生きるソフトクリーム〜CACAO SAMPAKA CAFE〜

f:id:naruse_e:20150731110837j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。