ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高野山便所で巨大な目に凝視の体験 住職は「天狗ちゃう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏になるとよく耳にするのが、背筋が凍るようなちょっとコワーイ話。残暑も涼しく感じられる恐怖体験をお届けします。37才のパート女性が語ります。

 * * *
 小学2年生の夏休みのこと。私は父の仕事の関係で、和歌山県・高野山にある寺に泊まったことがありました。

 その寺のトイレは屋外にありました。木製の粗末な小屋で、なんだかおっかなかったのですが、夜中に目が覚め、どうしても我慢できなくなってしまいました。

 両親を起こすのも悪いと思い、勇気を出して、1人でトイレに向かいました。すると木の上から、何か大きなものが走り回っているような音がするのです。背筋にゾゾゾと寒気が走りました。

「やっぱり誰か起こして、ついてきてもらえばよかった」

 そう後悔しながら、トイレのドアを開けました。

 そのトイレは、汲み取り式で、屋根の近くの壁に、においを逃がすための隙間が空いていました。縦の長さは20cmくらい、横は1mくらいあったでしょうか。

 用を足した後、早く出たかったのですが、なんとなく気配を感じて上を見ました。

 すると、その隙間いっぱいの大きな目玉が、ギョロリとこちらを凝視していたのです。その眼は血走っていて、黄色くよどんでおり、キョロキョロと動いていました。

 私は怖くて、大声で叫びながら母屋に戻りました。

 翌日、その話を両親にしましたが「夢でも見たんだろ」と取り合ってもらえませんでした。でも住職や寺の人は口々に、「天狗とちゃうか」

 と、さして驚いた様子もありません。どうやら、そのあたりには、昔からよくお化けが出るようでした。

 寺からの帰りも、うっそうと茂る林を抜けるまで、私だけが、誰かの視線を感じていました。あれも天狗だったのでしょうか。それ以来、その寺は訪ねていません。

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
秋葉原家電量販店 中国人爆買いで和式トイレ使用不可事件発生
過剰節約奥さま 家に来た夫の同僚のトイレ紙使用量に苦情
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP