ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重文指定がない河鍋暁斎作品に「すぐ指定すべき」と美術史家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ナマで日本美術を観に行こう」と始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は幕末明治に一世を風靡した絵師・河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)。狩野派の伝統技法から、遊び心溢れた戯画など、作風は多彩かつ広範。また、「日本建築の父」建築家ジョサイア・コンドルとの知られざる師弟関係など、その半生は驚きの連続だ。

「日本美術応援団長」で明治学院大学教授の山下裕二氏(美術史家)とフリーアナウンサーの酒井千佳さんが、日本が生んだ稀代の天才絵師の世界に誘う──。

山下:河鍋暁斎(1831~1889)は、正統派の水墨画、美人画から、ユーモラスな戯画、妖怪、春画と、多彩な作品を残し、幕末明治には狩野派の師から「画鬼」と呼ばれて愛され、絶大な人気を得た絵師です。でも、建築家ジョサイア・コンドルが弟子入りしたことは知られていません。酒井さんは大学で建築を専攻したのでご存じでしょう?

酒井:はい、東京駅、迎賓館をそれぞれ設計した辰野金吾、片山東熊の師で、「日本建築の父」として知られています。鹿鳴館や御茶ノ水のニコライ堂、この展覧会の会場の三菱一号館も設計していますね。

山下:明治14年に開催された第2回内国勧業博覧会の会場である上野博物館も設計していますが、暁斎はその博覧会に出品した『枯木寒鴉図』で絵画の最高賞「妙技二等賞牌」を受賞しました。コンドルはその絵にほれ込んで弟子入りします。

酒井:コンドルが日本絵画を学んでいたなんて大学では教えてくれなかったので驚きです。

山下:暁斎は6歳で浮世絵師の歌川国芳に師事し、9歳の時に日本画壇の主流だった狩野派に入門します。浮世絵と狩野派の素養があるというのは、現代なら「東京芸大出身の画家であり、人気マンガ家でもあった」といったことになりますね(笑い)。

酒井:しかも、ダイナミックな大作から繊細な小さい作品まで、信じられないくらい多才なんですね。『蛙を捕まえる猫図』なんて、グエッと呻き声が聞こえてきそうなほどリアルです。

山下:これを含めた12点はニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵の作品で、今回が日本初公開です。20年以上前にロンドンの大英博物館で開かれた「暁斎展」も大変な評判を呼びました。ところが意外にも、重要文化財に指定された作品は一つもありません。『大和美人図屏風』などはすぐにでも指定すべきです。

酒井:衝撃的だったのは、『月に狼図』ですね。生首を咥えた狼が近寄りがたい存在感を放っています。それにしても、なんてオドロオドロしいんでしょう。

山下:9歳の時に神田川で流れてきた生首を見つけたんですが、「生首なんてめったに描けるものじゃない」と、写生するために自宅に持ち帰って親に叱られたというのだから凄まじい。「記憶にある風景をすべて絵にすることができる」という稀有な才能を持っていた暁斎を象徴する作品のひとつですね。

◆山下裕二(やました・ゆうじ):1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻・小学館刊)の監修を務める。美術史の専門家でありながら親しみやすい語り口と斬新な切り口で日本美術を応援する。

◆酒井千佳(さかい・ちか):1985年生まれ。京都大学工学部建築学科卒業後、北陸放送、テレビ大阪のアナウンサーを経てフリー。気象予報士として『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)、『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)に出演中。

【『画鬼・暁斎──KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』展】
 河鍋暁斎と弟子のコンドルの作品を前後期合わせて約130点展示。米・メトロポリタン美術館所蔵の水墨画が約120年ぶりに里帰りするほか、初公開作品などを展示。東京駅徒歩5分の三菱一号館美術館にて9月6日まで開催中。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都出身の建築史家が京都の優れた洋館を写真付で紹介した本
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
日本美術の名品群が明治期ボストンに渡った理由を専門家解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。