ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

方向性見えにくい為替相場 バイナリーに活路見出す投資家も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏は、為替市場でも方向性の見えにくい相場が続いている。7月にはギリシャのユーロ離脱問題や中国の上海株式市場の下落、8月に入っても中国人民元の切り下げなど、株式市場のみならず為替市場にも大きな影響を与える出来事が相次ぎ、1ドル=120~125円のボックス圏からどちらに向かうのか予断を許さない状況だ。
 
 こうした中で、苦労しているのがFX(外国為替証拠金取引)のトレーダーだ。彼らは、取引にどんな工夫をしているのだろうか。トレーダーたちに取材をしたところ、その多くは、自分の取引をする時間を決めていることが判明した。為替相場は、欧米の株式市場がオープンする前は動きが乏しくなる、といったように、時間帯によって動きに“クセ“がある。そこで、自分がクセをよく知っている時間帯に集中的に取引をして、勝率を上げる工夫をしているのだ。
 
 だが、中国株の下落といったイレギュラーな材料が出ると、為替相場はクセどおりに動かなくなる。中国の上海市場は、日本の株式市場がオープンしている時間帯と重なっており、中国株下落で為替相場が大きく動いているとき、日本の株式市場だけをウォッチしていては、為替相場が何の材料で動いているのかさえ把握できないことになる。特に、7~8月は中国株が激しく乱高下したため、それで損失を出したFXトレーダーも少なくなかったようだ。
 
 FXの専業トレーダーおよびブロガーとして知られる、ボリ平さんもそんな為替相場の異変を感じたひとりだった。そこで注目したのが、バイナリーオプションだったという。

 バイナリーオプションの「バイナリー」とは、「二者択一」のこと。一定時間後(=判定時刻)の為替レートが、選択した目標レートよりも高くなるか低くなるかを予想する取引だ。

「バイナリーオプションには、ラダー、レンジ、タッチの3種類あるのですが、それぞれを使いこなすことで、相場に柔軟に対応することができ、方向性の見えにくい相場でも勝負できるようになりました」(ボリ平さん。以下「」内同)

 ラダーは、判定時刻の為替レートが、設定された目標レートを上回るのか下回るのかを予想する。取引時点の為替レートから見て、予想が的中する可能性の低い取引ほど利益が大きくなり、的中する可能性の高い取引ほど利益は小さくなる仕組みだ。

「通常のFXとほぼ同じ感覚、ノウハウで取引ができます。数百円程度での取引が可能で、予想が外れた場合の損失額=投資金額であり、損失リスクが明確です。このメリットは、他の2種類のバイナリーオプションにも共通しています」

 レンジは、上下2つの目標レートに挟まれたレンジ(範囲)に、判定時刻のレートが「収まるか」(レンジIN)、「収まらないか」(レンジOUT)を予想する。

「何か、突発的なニュースが出て、相場が動きそうなんだけど、どちらの方向にいくのかすぐには判断できない、といった状況のときにはレンジOUTを選びます。この夏は、頻繁に大きなニュースが出たので、このレンジが威力を発揮しました。重要な経済指標の発表や、相場に影響力のある要人発言などが飛び出したときにも、活用しています」

 タッチは、設定された目標レートに、一定時間内に一度でも到達する(TOUCH)か、一度も到達しない(NO TOUCH)か、を予想するもの。一見、ラダーと同じようだが、一定時間内に一度でも到達すれば取引が終了する点が異なっている。

「上下どちらかのトレンドが発生したときに活用しています。ラダーだと、トレンドが発生しても、材料が相場に織り込まれて反転してしまい、結局、判定時刻のレートが取引時点とあまり変わらない、といった事態が起きます。しかし、タッチは、判定時刻までに一度でも目標レートに到達すればいいので、トレンドが発生したときには成功する可能性が高いのです」

 ボリ平さんはこれら3つのタイプを使い分けて、難局相場を乗り越えようしているのだという。とはいえ、バイナリーオプションはそのシンプルさゆえの投機性の高さも指摘されている。

 2013年秋には投資家保護を目的に、多くの規制が導入された。それまでは1日数百回も取引可能だったのが、最短でも2時間おきの取引に制限され、また、上か下かを選択するだけの二者択一という点も規制の対象となり、複数の目標レートが設定されるようになっている。

 こうしたルールを遵守して、現在、バイナリーオプションを提供する国内のFX会社は、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、FXトレード・フィナンシャル、FXプライムby GMO、GMOクリック証券、IG証券、JFX、YJFX!の8社。ちなみに、すべてのFX会社がラダーをラインナップしているが、レンジを採用しているのはFXトレード・フィナンシャルのみ。タッチを採用しているのは、FXトレード・フィナンシャルとIG証券。はたしてバイナリーオプションは、FXトレーダーにとって、有力な選択肢となり得るか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バイナリーオプション 目標レートより上か下かの予想に変更
投機性強調されがちなバイナリー コツコツ投資にも適すの説
バイナリーオプション ゲーム感覚で投資未経験者の人気高い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP