ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハルカトミユキ、9月30日に2ndミニアルバム『LIFE』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハルカトミユキが、9月30日に2ndミニアルバム『LIFE』を発売する事が決定した。

2015年は、12ヶ月毎月新曲を発表し、年内にミニアルバム、フルアルバムの2枚を発売するというマニフェストに加え、10月3日(土)に行なわれる日比谷野外大音楽堂での完全フリーライブに合わせた2ndミニアルバムの発売をアナウンスしていたハルカトミユキ。

「春の雨 (2015.Song#5)」「COPY (2015.Song#6)」「宇宙(そら)を泳ぐ舟 (2015.Song#7)」に加え新曲を含めた全7曲を収録した今作の初回限定盤には、6月19日に恵比寿リキッドルームで行なわれたワンマンライブが全曲フル収録される。『世界』に続く今作には『LIFE』と名付けられた。生きてく君の全てを肯定する、と歌うオープニングナンバー「肯定する」を始め、執拗なまでに生と死を歌う楽曲が並ぶ構成は『世界』に旅立った1人の少女が、現実に立ち向かう姿だろうか。

ミニアルバムの詳細と共に発表されたのが、“毎月新曲発表”というマニフェストが叶わなかった、「2015 Song#8」の配信日。『LIFE』のリード曲ともなる新曲で、タイトルは「肯定する」。9月9日より配信開始となる。

【新曲「肯定する」についてのハルカからのコメント】
野音に向けて書き下ろした曲の内、最後に出来上がったのがこの曲。仮タイトルは「肯定」。実は、このテーマは、もう1年以上も書いては捨て、書いては捨てしてきた。その時々の、私にとっての「肯定」を書いてはいたのだが、みんなに聴いてもらおうという決心がなかなかつかなかった。今回レコーディングした「肯定」が、今の私の現在進行形の「肯定」だ。実を言えばこの歌は、未だ、私の中ではあまりにも生まれたままの、なまなましいままの言葉の羅列であって、これを完成形の歌詞と宣言するには、大きな躊躇があり、発表する自信が揺らいでいた。
しかし、どうしてもこの曲を野音で歌いたかった。そんな時に、一度倒れたことで、この飾りのない、でこぼこの言葉の塊こそが、今の私なのではないかと思えるようになった。良くも悪くも、気に入られようが、ゴミのように捨て去られようが、この歌こそが、今の私なのだと。

配信楽曲「肯定する」
2015年9月9日より配信スタート
※ミニアルバム『LIFE』より先行配信

ミニアルバム『LIFE』
2015年9月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2962,2963/¥4500+税
【通常盤】(CD)
AICL-2964/¥2000+税
<収録曲>
■CD
01.肯定する (2015.Song#8)
02.宇宙(そら)を泳ぐ舟 (2015.Song#7)
03.春の雨 (2015.Song#5)
04.COPY (2015.Song#6)
05.All I want
06.September
07.火の鳥
■DVD
「ハルカトミユキ ワンマンライブ 2015 ‘世界’ 2015.06.19 at LIQUIDROOM」
01.世界
02.バッドエンドの続きを
03.ヨーグルト・ホリック
04.未成年
05.マゼンタ
06.春の雨
07.君はまだ知らない
08.流星
09.COPY
10.その日がきたら
11.嘘ツキ
12.振り出しに戻る
13.tonight
14.ニュートンの林檎
15.マネキン
16.プラスチック・メトロ
17.青い夜更け
18.ドライアイス
19.Vanilla

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、野音に向けた新曲はどん底からの復活4つ打ちナンバー

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP