ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フルーツを極めたイタリアンレストランのカキ氷 / 神楽坂 果のか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イチジクのカキ氷
1050円

イタリアンレストランの『フルッティフィカーレ』は、フルーツを使用したイタリアンのフルコースが楽しめる人気の店だ。その店がフルーツの美味しさを最大限に生かしたスイーツ専門店『神楽坂 果のか』を開業。ジワジワとスイーツ好きの女子に注目されつつある。

・フルーツの美味しさを極めた店
夏はカキ氷を提供しており、特にオススメなのがイチジクのカキ氷。フルーツの美味しさを極めたイタリアンレストランだけあって、カキ氷のクオリティも高い。

・だがそれがいい
実際に食べれば、そのカキ氷というシンプルなスイーツに秘められた、感動の味に驚かされる。氷は非常にザックリと結晶が見えるくらい荒めに削られている。最近流行のキメが細かい氷ではなく、あえて荒げ削りに。だがそれがいい。それだからいい。

・強い「極寒の冬」
粗めに削られた氷がザラつきのある食感を生み、食べた瞬間に強い「極寒の冬」を感じさせてくれる。夏にこの冷たさはたまらない贅沢だ。氷の結晶ひとつひとつに封じ込められた冷たさの強度が強いため、スプーンを口に運ぶたびに体が冷やされる。

・至福のひととき
その冷たさと同時に、イチジクの甘さが広がり、なんともいえない至福のひとときを感じさせられる。かき氷にすることにより、イチジクの美味しさがこんなにも増幅されるとは思わなかった。

・ぬるま湯で正解だった
ちなみに、『神楽坂 果のか』では冷たい水は出さない。あくまで水は「カキ氷の美味しさを生かす存在」であり、テーブルに置かれているポッドにはぬるま湯が入っている。真夏にぬるま湯!? と思うかもしれないが、ぬるま湯で正解だった。カキ氷の爽快感を増させるだけでなく、冷え切った口内がキュンとして生き返る感じがした。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/24/kanoka/

神楽坂 果のか
住所: 東京都新宿区神楽坂6-8-18
時間: 11:30〜16:30
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13184153/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP