ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目の不自由な人が、絵画に“触って”美術鑑賞できる!プラド美術館のユニークな試み

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Didu

芸術作品、と聞くと、まず絵画を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。

偉大な巨匠たちの作品を眺めて鑑賞するのは、とても豊かな時間ではあるものの、どうしても絵画は、目の不自由な人にとってはなかなか楽しみにくいものでもある。

・視覚障害者が、“手で触れて”絵画を鑑賞

そこで、スペインにあるプラド美術館では、目の不自由な人にも絵画鑑賞を体験してもらおうと、3Dで“触れる絵画”「Touching the Prado」というプロジェクトを企画した。

・ゴヤの絵画など、傑作6点のレプリカを成形

Didu3

スペインの印刷会社Estudios Dureroが開発した“Didu”という特殊な出力技術を用いて、ゴヤ、ベラスケスといった画家の著名な絵画作品6点を3Dプリントのレプリカとして成形。

・レイヤーごとに肌触りを変化

レイヤーごとに、異なるインクで出力される仕組みになっていて、UV光を照射するなど、化学処理がほどこされると反応が起こり、出力レイヤーの体積が増加する。

この仕組みによって、箇所によって異なる手触り、デコボコ感、色彩を再現した。最後に、レイヤーの最上面にオリジナルの画像をプリントして、レプリカは完成だ。

・点字などのナビゲーションも

Didu2

このレプリカには、点字や音声ガイドといった小型の仕掛け装置が内蔵されていて、ユーザーが絵画の構造や内容を理解する手助けをしてくれるという。

今年の6月28日までプラド美術館で開催されていたこの特別展示。目で見て楽しむだけでなく、“手で触れて”体感できる、新たな美術鑑賞体験がここにはある。

このようなユニークな切り口の展示が、わが国でも開催されることが待たれるところ。

Estudios Durero

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。