ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松本隆 45周年記念公演「風街レジェンド2015」開催、豪華アーティストが出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
松本隆 45周年記念公演「風街レジェンド2015」開催、豪華アーティストが出演

松本隆が、作詞活動45周年を記念し、 8月21日に東京・国際フォーラムAで「松本隆 作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街レジェンド2015」のライブが開催され、寺尾聰、原田真二、南佳孝、太田裕美など松本隆のヒット曲ゆかりのアーティストが勢揃いとなった。

オープニングを飾ったのは、日本語ロックの礎、はっぴいえんどのメンバー、松本隆、細野晴臣、鈴木茂による「夏なんです」。細野が「おじいちゃんのはっぴいえんどです」と会場を笑わせると、松本隆も「ドラムのブランクは40年」とさらに笑いを誘う。鈴木茂がメインボーカルを務める「花いちもんめ」の後は、「惜しい仲間を失いました。3人で相談して佐野元春さんに代わりに歌ってもらうことにしました」と、「はいからはくち」で亡き大瀧詠一のパートを佐野元春が熱唱。松本は華麗なドラムソロも聴かせた。このメンバーが集結するのは1999年の松本30周年記念ライブ以来、16年ぶりとなる。

アーティスト陣の中で異彩を放ったのは、イモ欽トリオ。なつかしの学生服姿で登場し、「35年、これで食べてます」笑わせると、「歌詞は、レコーディング当日にもらった」という秘話を明かした。

大瀧詠一楽曲のコーナーでは、杉真理、伊藤銀次、佐野元春のナイアガラメンバーが一堂に会し「A面で恋をして」を歌うと、鈴木雅之が「冬のリヴィエラ」を歌い会場を沸かせると、矢野顕子がアグネス・チャンの曲を、吉田美奈子が松田聖子の曲などをカヴァー。「ルビーの指輪」で本編のトリを飾った寺尾聰は、バンドメンバーと楽しげにパフォーマンスし、和やかな雰囲気を演出。 アンコールでは、出演アーティストがステージに集まり「風をあつめて」で締めくくった。

最後に松本は「この人(細野)と高校を卒業した春休みに出会ったのがすべてのはじまり。最近歌が上手くなりはじめた鈴木茂は、やっぱり天才だと思う」とメンバーを讃え、「たくさんの歌手の人たちに、いい歌をうたってもらって作品を残すことができました。 感謝しています」と感慨深げに述べ、記念すべきライブの初日の幕が閉じた。

<出演者>
(以下50音順)石川ひとみ、伊藤銀次、稲垣潤一、イモ欽トリオ、EPO、太田裕美、大橋純子、小坂忠、斉藤由貴、佐野元春、杉真理、鈴木雅之(21日のみ)、寺尾聰、中川翔子、早見優、原田真二、水谷豊(22日のみ)、南佳孝、美勇士、安田成美(22日のみ)、矢野顕子(21日のみ)、山下久美子 吉田美奈子―風街ばんど―井上鑑(音楽監督・Keyboards)/松原正樹(Guitar)/今剛(Guitar)/吉川忠英(A.Guitar)/高水健司(Bass)/林立夫(Drums)/山木秀夫(Drums)/三沢またろう(Percussion)/比山貴咏史(Chorus)/佐々木久美(Chorus・Organ)/藤田真由美(Chorus)/山本拓夫(Woodwinds)/金原千恵子(Violin)/笠原あやの(Cello)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。