ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元宝塚トップスター蘭寿とむ、デビューアルバム「Le Ange」10/21リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元宝塚トップスター蘭寿とむ、デビューアルバム「Le Ange」10/21リリース

宝塚歌劇団100周年の記念公演を花組トップスターとしてつとめあげ、2014年5月に退団後は、女優として順調に活躍を続けている蘭寿とむが、初のCDアルバム「Le Ange(ル・アンジュ)」を10月21日にリリースすることが決定した。宝塚の男役トップスターが退団後にメジャーレーベルからCDをリリースするのは、2010年の安蘭けい以来、5年ぶりとなる。

1996年、宝塚歌劇団に首席で入団し、以後、輝かしい実績を積んできた蘭寿。今年1月に発売された、元宝塚歌劇団男役トップスター10名による史上初のJ-POP男性ボーカリストのカバーアルバム「麗人-REIJIN-」に参加し、坂本九の「心の瞳」をカバーすると、そのハートウォーミングな歌唱が大変評判となり、ポピュラーシンガーとしての才能も開花させた。続いて7月1日に発売された「麗人REIJIN –Showa Era-」では、「瑠璃色の地球」(オリジナル:松田聖子)をカバー。さらにスケールの大きな歌声を披露し、iTunes歌謡曲チャートで1位に輝くなど、歌手としての評価も高めていった。

今回発売されるCDアルバムは、“蘭寿”という芸名の由来となった“Le Ange(ル・アンジュ)=天使”というタイトルの通り、蘭寿とむのセルフプロデュースにより制作されている。収録曲は全12曲。「I WILL」(オリジナル:安室奈美恵)、「POP STAR」(オリジナル:平井 堅)、「Precious」(オリジナル:伊藤由奈)、「君に贈る歌~SONG FOR YOU」(オリジナル:シェネル)、「ここにしか咲かない花」(オリジナル:コブクロ)、「つばさ」(オリジナル:本田美奈子)、「いのちの名前(千と千尋の神隠しテーマソング)」(オリジナル:木村 弓)というカバー7曲の他に、自身が作詞した2曲を含む、オリジナルの新曲も5曲収められる予定。

8月22日より公開されたメイキング映像では、その中から「つばさ」の歌唱が使用されているが、この曲は、宝塚歌劇団出身の作詞家、岩谷時子の手によるもの。宝塚OGの偉大なシンガー、越路吹雪のマネージャーも務めた岩谷が、故・本田美奈子のために書き下ろした詞は「私つばさがあるの」で始まり、まさに天使(Le Ange)。レスリー・キーが撮影したジャケットの写真イメージとあわせて、アルバムへの期待が高まる。

そして、11月12日には、東京・品川ステラボールでのCD発売記念ライブの開催も決定。限定盤(初回生産分)には、CD発売記念ライブのチケット優先購入申込券(シリアルナンバー)が封入される。ライブイベントの詳細、及び、チケット優先購入の申込み方法については、後日アナウンスされる。

蘭寿とむ コメント
最初にCDデビューのお話をいただいた時は、とても嬉しかったです。
新曲を5曲も作っていただき、素敵な曲ばかりで幸せです。今回は、自分で作詞にもトライしています!
また、素晴らしいミュージシャンの方々の曲もカバーさせていただきました。
このアルバムが、たくさんの方の心に届きますように!!

リリース情報
アルバム「Le Ange(ル・アンジュ)」
2015年10月21日(水)発売予定
限定盤(CD+DVD)VIZL-890 4,200円+税
通常盤(CD)VICL-64431 3,000円+税

アルバム「Le Ange」メイキング映像

関連リンク

蘭寿とむオフィシャルファンクラブ「Ranju」http://tomu-ranju.jp/
ビクターエンタテインメント「蘭寿とむ」オフィシャルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/ranju
麗人REIJIN オフィシャルサイトhttp://reijin-concert.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。