ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手の震えに悩むパーキンソン病患者が、文字を書きやすくなるすごいペン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神経系が徐々に侵され、筋肉のコントロールが難しくなるパーキンソン病。

薬物治療で症状を和らげることはできても、現代の医療では完治することはできないのが現状だ。

パーキンソン病の症状として、文字を1列に書いたとき、字が小さくなってしまう“小字症”があるが、患者にとっては、手が震えて字がうまく書けないというだけではなく、ペンを握ってコントロールすることには、痛みや苦しさを伴う。

・“小字症”患者が文字を書くのをサポートするペン

そんな患者の助けになろうと、Dopa Solutionsが開発しているのが「ARC pen」という、特殊な機能をもったペン。

・小型の高周波振動モーターが筋肉を刺激

ペン内部には、数個の小型の高周波振動モーターが内蔵されていて、この振動が手の主要な筋肉に働きかける。

それによって、ペンを固定したり、動かしたりする労力や痛みを軽減し、より大きな文字、はっきりとした文字を書くことが可能になる。

・患者に合わせてカスタマイズ可能

また、システムは患者固有の手の動きを学習し、患者に合わせた振動をカスタマイズすることもできるという。

時間の経過とともに、徐々に文字をきれいに書けるようになる助けとなってくれるのだ。

・握りやすいデザイン

このペンは握りやすく、字が書きやすいよう、人間工学的な配慮がされたデザインになっている。ペン専用のドッキングステーションで充電が可能だ。

・専門家が主導、テストでは86%が改善も

「ARC pen」の開発には、小字症の専門家Ravi Vaidyanathan氏、Peter Bain氏が携わっており、14人のパーキンソン病患者に対し、プロトタイプのテストをおこなった。

その結果、参加者の86%が以前よりも大きく、クリアな文字が書けるようになり、改善が見られたという。今後の市場化が待たれるところ。

ARC pen

Dopa Solutions

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP