ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花を練り込んだ美しい蕎麦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月22日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、舞の海秀平さんが秩父鉄道・東武東上線で移動しながら途中下車した駅周辺をぶらぶらと巡り、「信州内藤流・松月庵」(埼玉県朝霞市)を訪れた。

店先に貼られた「花切り蕎麦」のチラシに目を止めた舞の海秀平さんは聞き慣れぬ名前に首をかしげ、そのまま入店。さっそく花切り蕎麦のなんたるかを尋ねると「花をすり鉢ですって、蕎麦粉の中に練り込んじゃうんですよ」とのこと。
注文した「花切りそば」(1404円/税込)が届くと、予想外の見た目に「えっ」と思わず声をあげた舞の海秀平さん。目を引くのはその麺の色。花を練り込んだという麺はオレンジ色の綺麗な色あいをしているのだ。
そばつゆをつけて食べた舞の海秀平さんは大きく何度かうなずき「うっすらと花の香りがしますね」とコメント。使用している花はカレンデュラ(和名でキンセンカ)。実物の香りをかいだ舞の海秀平さんは「うん、確かにこの香りですね」とうなずいた。
「目で楽しむ」メニューを開発するためさまざまな花を試したという店主いわく、キンセンカが最も美しく色が出るという。

更に、このお店では「かたやきそば」(1188円/税込)も味わうことができる。使用している麺は十割蕎麦。油で揚げた麺にえのき、えび、たまごなどを具材にした「あん」をかけた、日本そばを使ったかたやきそばだ。あんにはそばつゆが用いられている。
一口食べて「うん、美味しいですね!」と感嘆の声をあげる舞の海秀平さんは「そばつゆのあんがよく合いますね」とコメント。店主によれば、酒のつまみとしても美味しくいただけるという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松月庵 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:朝霞のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:朝霞×和食のお店一覧
冷たくて辛い、天衝く冷やし担々麺
白州の名水を使用した絶品和菓子「水信玄餅」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP