ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、名阪リリース記念イベントが大盛況のうち終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月19日に10代を中心に人気急上昇中のフジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌となるシングル「君がくれた夏」をリリースし、現在、iTunes、レコチョクほか、各主要配信サイトのシングルチャートで軒並み1位を独走中の家入レオが、8月23日、エアポートウォーク名古屋(愛知)、あべのキューズモール(大阪)の2か所でリリース記念となるフリーライブを開催。各会場に駆け付けた合計約5,000人のファンの前でシングル曲「君がくれた夏」を含む、3曲の熱いパフォーマンスを披露した。

13:00から行われた愛知・エアポートウォーク名古屋には、朝から多くのファンが訪れ、吹き抜けの会場は鈴なり状態でイベントがスタートし、駆けつけた2,000人を優に超えるファンと共に熱いステージを繰り広げた。

その後、夕方には大阪に移動し、大阪・あべのキューズモールにて、この日2度目のフリーライブを開催。ステージに手を振りながら登場した家入は、まず第1曲目に昨年大ヒットしたドラマ主題歌「Silly」を披露。「本日はこんなにたくさんの方たちに集まっていただいて、本当にありがとうございます。なかなかステージが見えづらいかもしれないですが、私からは後ろの方も上の方もちゃんと見えてますよ!」と呼びかけ、満場の会場を気遣う場面も。

「普段はギターの弾き語りで歌うことはあまりないんですが、今日は今年5月からのツアーでも披露させてもらった、キャロル・キングのカバー曲を弾き語りで歌います!」とコメントし、2曲目「I Feel The Earth Move」を弾き語りで熱唱。力強い歌声とギターを会場全体に響き渡らせ、拍手と歓声に包まれると、続いて「今放送中の月9ドラマ「恋仲」主題歌を歌わせてもらっています。この曲は、たとえば学生から大人に変わるとき、“また明日ね”が“また今度ね”に変わっていく切なさ、約束をしないと会えないかも、というそんな切なさをギュッと詰め込んだ曲になっています。みなさんそれぞれのこのひと夏の想いにも寄り添って聴いてもらえると嬉しいです」とコメントし、「君がくれた夏」がはじまると、会場には涙ぐむファンも見られ、歌が終わるや夏の夕焼けに染まった会場は大歓声に包まれた。ライブ終了後は、CD購入者を対象とした特典お渡し会も開催され、ファンと直接触れ合うなど、本日行われた名古屋、大阪での充実したイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

ニューシングル「君がくれた夏」は、先週17日に先行配信されて以来、iTunes、レコチョクほか10以上の配信サイトで1位を記録し大ヒット中。また、ミュージック・ビデオの再生回数も公開約1か月で500万ビュー目前となっており、その勢いと注目度がますます高まる中、ドラマ「恋仲」も8月24日21:00より第6話が放送予定。

関連リンク

家入レオ オフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP