ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』の世界から、式波・アスカ・ラングレーが和ドールになって登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』のキービジュアルに登場する3人のヒロインがプレミアムな和ドールになって登場します。

第1弾は「式波・アスカ・ラングレーと日本刀」。赤地に牡丹の花が大胆にあしらわれたきものをまとい、短刀を携えてきりりとした雰囲気。気の強いアスカらしい凛々しい表情が素敵です。

2015年8月17日(月)からタカラトミーモールで予約開始されています。予約受付は9月28日(月)13:00まで。期間終了後の販売は未定となっているそうなので、この機会をお見逃しなく。

ドールのクオリティの高さはもちろんのこと、小物にも細部までこだわって表現されています。

アスカが持っている短刀は、プラグスーツをイメージしたデザインで鞘の出し入れも可能。弐号機の艶やかな紅と刃の質感まできちんと表現されています。刀掛けにはNERVのマークが施されていて、このまま短刀だけ飾ってもカッコイイ仕上がりです。

赤い猫耳かんざしのようにも見える、インターフェイス・ヘッドセットは和の雰囲気で、きものでもまるで違和感なし。

帯は柄はなんとA.T.フィールドがモチーフ!芸が細かい!

タカラトミーが「究極の和ドール」と自負するプレミアムな「式波・アスカ・ラングレーと日本刀」は¥16,200(税込)。パッケージ裏面に描かれたキャラクターの特別書き下ろしイラストは、第2弾の真希波・マリ・イラストリアス、第3弾の綾波レイと続くシリーズでつながり、屏風絵のようになるとのこと。これは全部揃えたくなります。

式波・アスカ・ラングレーと日本刀: あ行|タカラトミーモール

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が岡山へ里帰り、海外での開催も決定!
大正ロマン溢れるあの「はいからさんが通る」がお人形になって帰ってきた!原作通りの姿で登場
「バケモノの子」展で刀鍛冶 吉原國家による熊徹の大太刀モチーフの日本刀が公開

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP