ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】ドリカムコンプリートベストAL 2015年最多1位獲得回数を更新! そのセールスの内訳とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】ドリカムコンプリートベストAL 2015年最多1位獲得回数を更新! そのセールスの内訳とは?

 8月24日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums Sales”では、DREAMS COME TRUEコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』が前回に続き首位をキープした。本作は、先週3.6万枚を売り上げ累計60万枚を突破。同チャートで自身が持つ2015年最多1位獲得回数を更新する5回目の1位を獲得した。

 SoundScan Japanでは、日本を10の地域に分けた地域別や都道府県別の売上げデータを見ることができる。発売から1か月と2週間が過ぎ、前述の通り累計売り上げ枚数60万枚を突破した本作の地域別でそれぞれもっとも売上げている都道府県を調べてみた。

◎北海道(北海道のみ)2.8万枚

◎東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)
宮城県9800枚

◎関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)
東京都4.6万枚

◎甲信越(山梨・長野・新潟)
長野県7500枚

◎北陸(富山・石川・福井)
富山県4400枚

◎中部(岐阜・静岡・愛知・三重)
愛知県3.3万枚

◎近畿(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)
大阪府3.4万枚

◎中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)
広島県1.1万枚

◎四国(徳島・香川・愛媛・高知)
愛媛県5000枚

◎九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)
福岡県2.7万枚

 何と言っても東京が頭ひとつ飛び抜けて売り上げており、大都市を抱える大阪、愛知が続いている。そして、福岡やここには出ていないが大都市がある神奈川や埼玉を抑えて、吉田美和の出身地・北海道が2.8万枚で4位に入っている。アーティストにとって地元は大きな力になっているということだろう。いずれにしても本作はまだまだ順調にセールスを伸ばしている。このままの勢いで、2015年でもっとも売れたアルバムになるか注目だ。

関連記事リンク(外部サイト)

ドリカム 20周年記念ベストALが首位キープ、計5回目の1位に!
ドリカムベスト盤 今週もビルボードチャートで1位、計5週首位の快挙と共に累計60万枚突破
【中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015】今年もアフターパーティー開催 本編のタイムテーブルも明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。