ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイクやSOS機能も!LED付き“スマート・ヘルメット”に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国、深セン市発のスタートアップ企業が、スマートLEDヘルメットの「LIVALL」をIndiegogoで発表。

目標金額の約7倍となる、13万3000ドルもの資金を集め、世界のサイクリストから注目を集めている。

・LEDと 3-axis G-sensorで、サイクリストの安全を守る

スマートLEDヘルメットの「LIVALL」には、サイクリストの安全を守り、走りをより楽しくする機能が詰まっている。

まず、夜の走行でも安全に走れるよう、ヘルメット上部と後頭部にLEDライトを搭載。

後頭部のテールライトは、行き先方向を表示することができ、後ろを走る車にもわかりやすい。事故に遭いやすい曲がり角も、これで安心だ。

「LIVALL」のもう1つの特徴は“3-axis G-sensor”。

道で転倒した時、「LIVALL」に内蔵されたセンサーが、普段の動きと違う異常な重力加速度を感知し、ヘルメット内の緊急シグナルを作動。

家族や友達などの連絡先に、自動的にSOSアラームが送信される。

・専用アプリもセンサーも 周辺機器が充実

そのほか、Bluetoothスピーカーで音楽を聴きながらサイクリングしたり、スマホとウィンドブレイク・マイクをつなぎ、一緒に走行している仲間と話したりできる。

周辺機器も充実していて、ハンドルバーに装着して簡単に操作ができる“LIVALL Bling Jet”や、バイクのクランケット・ホールに装着して走行距離や消費カロリーを計測する“LIVALL Nano Cadence Sensor”、SOS設定や音楽設定、SNSのシェアなども簡単にできる専用の“LIVALL Riding App”もある。

今なら販売予定価格277ドルのLIVALL Bling エルメット + Bling Jet + Nano Cadence Sensorのセットが、100ドルで先行予約受付中。(日本への送料は25ドル)。

痛ましい自転車事故が多発している今、テクノロジーでスタイリッシュに安全を守る「LIVALL」の今後の売れ行きに期待したい。

Indiegogo (LIVALL: the First Smart and Safe Cycling Helmet)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP