ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園逃すもプロ注目 県岐商・高橋純平と大分商・森下暢仁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園出場は逃したものの、プロが注目を寄せる選手もいる。筆頭が県岐阜商の右腕・高橋純平だ。ベスト8入りした春のセンバツで150キロをマーク、高校ナンバーワン投手の呼び声も高く、複数球団がドラフト1位指名することが確実視されている。ある球団スカウトの話。

「速球だけでなく、カーブやスライダー、スプリットと変化球も多彩。軽く投げて140キロ台、ここぞという場面では150キロを投げる。甲子園で勇姿を見れなったのは残念だが、彼への評価は変わりません。即戦力候補の1人です」

 高橋純平と高校ナンバーワンの評価を分け合うのが大分商の右腕・森下暢仁(まさと)。

「森下が注目を集めたのは6月に東海大相模と行なった練習試合。最速146キロのキレのあるストレートで強力打線から10奪三振を奪う力投を見せました。大分商からは昨年、左腕の笠谷俊介がドラフト4位でソフトバンクに入団しているが、評価は森下が上回っています」(スポーツ紙の高校野球担当記者)

 地区予選決勝で敗退を喫したが、「甲子園で酷使されず、しかも目立たなくなったからかえって良かった」と某球団のスカウトはほくそ笑んでいた。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地域別にみる高校野球トリビア 鳥取県が日本一を誇るのは?
ヤクルト小川監督 選手の故障への気配りが12球団随一の理由
夏の甲子園 大会通算戦績で最も強い地域は近畿で勝率は.596

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP