ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天安門事件の公式犠牲者数319人 実際は数万人ともいわれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1989年6月4日、北京の天安門広場に民主化を求めて集まった学生や市民に対し、軍が発砲した天安門事件。中国政府は一貫して、「事件は一部の学生らによる『暴乱』であり、軍の出動は正しかった」と主張する。そして公式の犠牲者数は319人と発表している。

 中国政府の隠蔽体質から言えば、この犠牲者数が正確だと考える者はいない。この日、天安門広場に集まった学生や市民は10万人規模とされ、軍は無差別に発砲したので、死者は数千人とも数万人ともいわれている。

 中国では今でも天安門事件はタブーで、中国のメディアでこの事件が扱われることはない。国内からインターネットで「天安門事件」「六四事件」を検索すると、しばらくネットにつながらない状態になる。本当に正しかったというのなら、なぜ堂々と情報を公開しないのだろうか。

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国で反日教育を植え付けた江沢民 背景に天安門事件あり
中国本土で天安門事件追悼式実施 習主席が事件再評価可能性
香港で民主派学生らを強制排除へ 天安門事件の再来も懸念

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。