ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清宮幸太郎 まだ芯に当たってないと王貞治氏の師匠・荒川博氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏の甲子園は「ここ数年で一番おもしろい」と評判になった。来年からプロ野球入りが期待される3年生選手に注目が集まりがちだが、まだ1年ながら期待通りの存在感を見せつけた清宮幸太郎(早実)の評価も気になる。準々決勝・九州国際大付戦で2試合連続となる本塁打。1年生の甲子園2本塁打はPL学園の桑田真澄(1983年)以来だ。巨人V9時代のエースで、引退後はスカウトとして落合博満を見出した城之内邦雄氏はベタ褒めだった。

「ボールを引きつけて打てるのでミート力があり、打球も速い。打撃フォームも素晴らしい。走れるようになれば100点です」

 だが、課題もある。早実OBで王貞治氏の打撃の師匠として知られる荒川博氏の指摘は興味深い。

「逸材であることは間違いないが、打撃を見る限り今は芯に当たってないね。金属バットだから芯を外しても飛んでいるだけ。プロで木製バットになるとどうなるかですね」

 捕手出身で、石井一久、古田敦也らを発掘したヤクルトの元スカウト・片岡宏雄氏は、関東第一高校のオコエ瑠偉がプロで成功するカギはいかに金属バットのアドバンテージから抜け出すかを指摘するが、同様の指摘が清宮に対しても与えられた。片岡氏が語る。

「今大会は猛暑だったので投手がバテ気味。清宮君を評価するには、打者有利の状況だったことを差し引く必要がある」

 まだ1年生。正当な評価を下すのはもう少し先かもしれない。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清宮幸太郎 幼い頃に高津臣吾や伊藤智仁らと接し野球学んだ
早実・清宮幸太郎に左打ち勧めたのは元慶大ゴルフ部主将の母
大阪桐蔭式のフルスイング野球を早実・清宮幸太郎がやったら

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。