ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インスタで話題の沼サン うまく作るコツを考案者妻が解説する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インスタグラムで最近話題になり、書籍化もされた“沼サン”がブームだ。沼サンとは、陶芸家の大沼道行さんが作るキャベツがたっぷり入った具だくさんのサンドイッチ。普通のサンドイッチと比較すると、そのボリュームの差は歴然。妻である由樹さんが10年ほど前からネットの日記でたびたび公開していたが、インスタグラムでレシピを初めて公開した今年2月から急速に拡散。自分なりの沼サンを作って投稿する人も増えている。沼サンとはどう作るのか、どんなきかっかけで誕生したのかなどを妻の由樹さんに訊いた。

――そもそも、どういうサンドイッチを沼サンと呼ぶのでしょうか?

大沼由樹さん:とろけるチーズとベーコンをのせてトーストした食パンに、キャベツをメインに具をたくさん挟んだサンドイッチです。10年以上前、夫が陶芸家を目指して修業していた時に作ったのが始まりです。当時、夫はひとり暮らし。男性のひとり暮らしって野菜不足になりがちで、それを解消しようと朝食にパンとサラダを食べていたようです。

やがて“パンに挟めば早く食べられるし、おいしいはず!”と思いつき、沼サンの原形となるキャベツ多めのサンドイッチができました。キャベツにしたのは、1個のカサが大きいこと、1年中手に入って価格も手ごろなこと、他の食材との相性もよく生でも焼いても煮てもおいしくて使い回しが効くからです。

――由樹さんはそのサンドイッチを初めて見たとき、どう思いましたか?

由樹さん:結婚してから朝食に作ってくれたのですが、皆さんと同じく、キャベツの量にまず驚きました(笑い)。でも、食べてみると懐かしくてホッとする味ですぐ好きになりました。我が家の朝食はだいたいこのサンドイッチ。前の日の夕飯で余ったおかずなどを入れたりします。

――最初から“沼サン”という名前がついていたのですか?

由樹さん:いいえ。インスタにレシピをあげた頃に、大沼の夫が作るサンドイッチという意味で、私がネーミングしました。それまで10年ほど、自分のインターネットサイトの日記ではこのサンドイッチをアップしていたので、周りの人は“大沼さんちの定番のサンドイッチだ~”とお馴染みだったと思いますが、名前は特にありませんでした。

 軽い気持ちでネーミングしただけなのですが、サンドイッチなのに沼って単語がつくので“いったいどんな食べ物なんだ?”と結果的に興味をひくきっかけになりました。沼津(静岡県)のサンドイッチなの? 沼みたいにドロドロの具が入っているの?って(笑い)。

――味付けにはどんな調味料を使っていますか?

由樹さん:食パンをトーストする時、1枚にはチーズとベーコンをのせますが、もう1枚には粒マスタードをたっぷり塗っています。私たちは酸味のあるものが好きで…。なので、キャベツはせん切りにしてマヨネーズとこしょうで和えますが、辛みのアクセントが欲しいので玉ねぎも一緒に和えます。その他、何か具を挟む時はそれに合わせた調味料をプラスします。

――夕飯で余ったおかずも挟むとのことですが、例えば? 

由樹さん:メンチやハンバーグなどにソースをかけて挟むのもおいしいですよ。メンチなら、トーストに塗る粒マスタードをからしマヨネーズにしています。にんじんのラペは常に作り置きしているので、これを挟んでもオレンジ色が鮮やかで食欲をそそります。

 キャベツって基本どんな食材にも合うので、ぎょうざやカレーを挟んでもおいしいんです。ぎょうざは酢じょうゆとラー油をかけて挟みます。ドライカレーやグラタンなどドロッとしたものを挟む時は、盛ったキャベツに窪みをつけて埋めるとサンドイッチにできます。白身のフライは、ピクルスやゆで卵のみじん切りを加えたタルタル風のマヨネーズでキャベツを和えたものと挟みます。わさびで和えたアボカドを挟んでもおいしいし、バリエーションはいくらでもあります。

――やはり、トーストしたほうがおいしいですか?

由樹さん:私たちはそのほうが好きですね。トーストすると、チーズがとろけるし、ベーコンから油が出てそれが他の具と絡むのがたまりません! 

――パンの厚さにこだわりはありますか?

由樹さん:以前は8枚切りの食パンを使っていましたが、具をたくさん入れると破れることもあるので、今は6枚切りの食パンを使っています。具が多いので難しそうに見えますが、パンで挟んだ時に両手でしっかりプレスすれば崩れにくいですよ。基本、キャベツは最後に山盛りに乗せるのですが、そのキャベツが空気が抜けて沈まなくなるまでプレスします。キャベツは水分が多いし、パンもトーストしているので、それぞれの食感が楽しめるように作り立てを食べるのがおすすめです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カレー、プリン、明太子、のりの佃煮…びっくりパンレシピ
サンドイッチ バリエーションの豊富さは世界で日本ならでは
キャベツ&塩昆布、トマトなどハイボールに合う簡単つまみ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。