ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感動!がんと闘った妻に捧げた満開の“ひまわり畑”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国・ウィスコンシン州に住むBabbette Jaquishさんは、地元では「サンフラワー・レディ」として知られていた。

由来は、彼女の夫であるDon Jaquishさんが400エーカー(約162万平方メートル)の畑に植えたひまわり。

・全ては闘病中の妻を励ますため

がんを患い闘病していた妻を励ますため、妻が大好きな花を植えた。

「妻は本当にひまわりのような女性。彼女の笑顔は周囲を明るくするんだ」

・各地に広まる支援活動

2人はさらにBabbette’s Seeds of Hopeという会社を設立し、収穫した種を販売、その利益でがん患者の支援を行っていた。

4年後の昨年11月、Babbetteさんは天に召されてしまうがDonさんは事業を継続。

現在は妻の顔写真をプリントしたパッケージに種を詰め、販売を行っている。

「控えめな性格だった妻は恥ずかしがるだろう。妻は自分がどれだけ美しいか知らなかったんだ」

Babbette’s Seeds of Hopeの活動は共感を呼び、各地でひまわり畑が作られている。

・妻が残したメッセージとは

Babbetteさんが亡くなってから4ヶ月後、Donさんは妻が残したノートを見つけた。

「毎日をしっかりと生きて。あなたが朝の空気を感じるとき、目覚めたとき、コーヒーを飲むとき、私はそばにいる」

どこまでも続くひまわり畑は、永遠を誓った2人の愛のシンボルとなっている。

Babbette’s Seeds of Hope
http://www.babbettesseedsofhope.com/

感動(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP