ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供の靴 大きめのサイズを選ぶと趾節間外反母趾になることも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 正しいサイズの靴を履いている子供はたったの3%。オーストリア連邦省が858人の幼稚園児を対象にした調査で、そんな衝撃的な数字が報告された。

「靴の歴史も古く、靴文化や教育も進んでいるヨーロッパでもこの結果です。靴に対する正しい知識と選び方の教育があまりされていない日本では、それ以上の事態が起きていることも考えられます」

 そう話すのは、『知っておきたいヨーロッパ流 子どもの足と靴の知識』(ななみ書房刊)監訳者で、早稲田大学人間総合研究センター研究員の吉村眞由美さんだ。

 成長が早く、買い替えの多い子供靴は、日本の場合、実際の足のサイズよりもだいぶ大きいことが多いという。

「親御さんは、どうしても大きめの靴を選びがちです。そうした靴を履いていると、中で常に足が動いてしまう。疲れやすくなるうえに、動くたびに足が前にずれるので、足先への負担がかかります。

 すると、指先の関節から指が曲がってしまう趾節間外反母趾になってしまうケースがあります」(吉村さん、以下「」内同)

 靴選びには、“たかが靴ぐらい”では済まされないようなリスクが潜んでいるのだ。

「靴は健康と安全を守る道具です。価格の安さで選ぶより、機能性重視で選んでほしいです。その意味でも、経済的にゆとりのある、おじいちゃんおばあちゃん世代が靴に対する正しい知識を知ってお孫さんにプレゼントしてあげましょう」

 では本当に正しい靴選びを年代別に分けて紹介しよう。子供が生まれて初めて履く靴をファーストシューズという。この靴を選ぶことが何よりも重要と、吉村さんは言う。

「お孫さんにプレゼントすることが多いファーストシューズは、見た目やファッション性が重視されます。それよりも健康に気をつけたい。足のサイズをしっかりと測って、子供の成長を考えてプラス0.5cmを目安に購入しましょう。それより大きいサイズは子供に負担をかけます。そのうえで、ベルトシューズ(面ファスナーで留める靴)で、平らな足底になっているもの。そして、かかと部分が硬く作られていることも大事です」

 続いて、3才~小学生。基本的にはファーストシューズと同じだが、加えて足底がポイントになる。

「足先から3分の1のところで靴底が曲がる靴を選びましょう。外で遊ぶなど活発な時期ですから、いちばん動く関節に対応して歩きやすさをサポートしてくれます」

 サイズは引き続き、プラス0.5cmが目安。ただ、成長が著しい時期だけに、サイズ合わせはこまめにした方がいいという。

「幼児の足の年間成長量は約1cmです。できれば半年ごとに足のサイズを測り直して、靴の見直しを検討しましょう。サイズは通常、足長と足囲を専用のシートなどで測りますが、サイズを測らなくてもできるもっと手軽な方法もあります。靴の中敷きを外し、その上に子供を立たせます。

 この場合は、かかとをしっかりと合わせてつま先に約1.5cmの余裕があるものを選びましょう。その靴は半年間履けるサイズといえます。また、子供に靴を履かせてからつま先を押してサイズを確かめている光景を見ますが、そのやり方では中の足の状態が見えません。指を丸めている可能性があります」

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「靴に対する意識変えたのは震災」と百貨店シューフィッター
米科学情報機関調査 女性の大部分は足の大きな男性が魅力的
梨花ブランド「R40はスタイルよくないと難しい」との評価も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP