ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディスプレイは透明!ジェスチャーでコントロールする“新感覚カーナビ”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

車をドライブ中、透明フィルムのようなカーナビをジェスチャー・コントロールする。

そんなSF映画のような新しいドライブ・ガジェットの開発が発表された。

・ジェスチャー&音声で簡単操作!

「Exploride」の基本は、ドライブに集中するドライバーの負担にならないよう、ハンズフリーの“ジェスチャー・コントロール”。

透明なディスプレイの前で手を横に振れば、「Exploride」がドライバーの動きを察知して画面が切り替わる。

もう1つの操作法は、音声操作。

Googleを使ったGPSマップの操作はもちろん、電話をかけたり、メールを送ったり、音楽を選ぶのも音声だけで可能だ。

常時録画ドライブレコーダー機能も搭載し、事故対策も万全。

アメリカ国内ではSpotifyやPandoraなどの音楽ストリーミング・サービスにつなぐことができ、長いドライブでも退屈しない。

・Indiegogoで人気上昇中

現在プロトタイプを商品化するため、Indiegogoで開発目標金額10万ドルを集めるキャンペーンを行っており、たった2日でその40%を集めた。

現在「Exploride」は台湾の製造業者と提携し、2016年1月の商品発送に向けて開発を進めている。

販売予定価格は499ドルだが、今なら40%オフの299ドルで専用アプリや10ギガのクラウドストレージ・サービスもついたセットが、先行予約できる。(日本への送料は30ドル)

載せるだけでどんな車もスマート・カーにしてしまう、透明ディスプレーのカーナビ。

業界の新たな台風の目となるのか?今後の商品開発に期待したい。

Indiegogo (Exploride)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP