ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライス、アーモンド、ココナッツミルク 第三のミルクが人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、美意識が高く、健康への関心も高いモデルや女優たちから熱烈な支持を受け、「第三のミルク」と呼ばれる「ライスミルク」「アーモンドミルク」「ココナッツミルク」の三種類。

「第一のミルク」は牛乳。不足しがちなカルシウムを効率よく補える飲み物として親しまれてきた。だがその一方で、人によってはアレルギー症状を引き起こす、という問題点がある。また、コレステロールやカロリーの高さを気にする人も少なくない。

 そこで、牛乳に代わる「第二のミルク」として注目を集めたのが豆乳だ。しかしこちらも、原材料の大豆にアレルギーのある人は飲むことができない。それらの欠点をクリアし、より優れた健康効果が期待されているのが、「第三のミルク」なのだ。

『食べても痩せるアーモンドのダイエット力』(小学館)の著者で慶応大学医学部教授の井上浩義さんは次のように解説する。

「なんといっても低カロリーです。牛乳のカロリーが100mlで70kcalなのに対し、ライスミルク100mlは28kcal、アーモンドミルク100ml(砂糖不使用の10%の濃度のもので)は約60kcal程度で、ダイエットをしているかたの栄養補助として適しています。

 ココナッツミルクは牛乳よりもカロリーが高いですが、水などで割ってアレンジすれば過剰なカロリー摂取は抑えられるでしょう。

 また、植物性ミルクなのでコレステロールが低く、豊富な栄養素を効率よく摂取できます。アレルギー発症率も日本人だと牛乳や豆乳よりも5分の1以下と低く、お子様から大人まで安心して幅広く飲めます。この3つは“スーパーミルク”と名づけられています」

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「第3のミルク」として注目のライスミルクとアーモンドミルク
アーモンド 健康促進効果が米セレブに注目されて価格上昇中
遺伝するアレルギー体質 しかし親と子で違う症状の場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP