ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マイク・ポップコーン コンソメWパンチ』フリトレーとカルビーの奇跡のコラボで実現した懐かし風味の一品!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドリトス」「チートス」、そしてポップコーンの代名詞的ブランド「マイク」を擁するスナック菓子メーカー・ジャパンフリトレーが何と日本を代表するスナック菓子メーカーのカルビーとコラボ!? 『マイク・ポップコーン コンソメWパンチ』(50g・オープン価格)が7月27日に発売された。

 

正直異業種ならともかく、スナックメーカー同士のコラボというのに驚いた。しかし調べてみるといつの間にかジャパンフリトレーはカルビーの子会社になっていたので、そんなに意外な組み合わせではないことが判明。さらにカルビーはスナック菓子でもほとんどがポテト製品でコーンスナックはほとんどないことも判明。一口にスナック菓子メーカーと言ってもいろいろあるものである。

そして今回のコンソメパンチである。今年前半にもマイクは「濃いコンソメ味」というのを発売していたので、その仕切り直しという位置づけだろうか。カルビー・ポテトチップスの一時代を築いた「コンソメパンチ」の称号を頂いての再投入だ。

ちなみに「コンソメパンチ」は1978年(昭和53年!)発売なのだから歴史的ポテチである。その香りに特別な感慨が呼び覚まされる人は恐らく昭和に子ども時代を送った人々。発売当初のコンソメは肉の旨味と野菜の風味が凝縮した贅沢な存在だったのだ。

それを軽やかな食感とコーンの味わいで定評のある「マイク・ポップコーン」に振りかけたのが、『マイク・ポップコーン コンソメWパンチ』。それもただの「コンソメパンチ」ではなく増量・濃い味タイプのパウダーの「コンソメWパンチ」! これが美味しくないという想像ができない。

バリッと景気良くパッケージ中央からパーティー開けすると、一気に香り立つコンソメ風味。心がざわめき立つ良い香り。そこにコーンの甘い香りが混じりあって、脂っこいけど美味しそうな匂いが猛烈にアピールしてくる。

2、3個つまんで、ポイっと口に入れる。平和の象徴のようなふんわりポップコーンの甘みとコンソメのハーモニーは若干薄口ではあるけれど、非常に美味しい。いくらでも無限に食べられるこの軽い食感。ちなみにカルビーに出資しているのはペプシコーラのペプシコだったりするので、食べながら飲むコーラはペプシにした方が理想なのだろう。

ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップでの期間限定販売なので、ちょっとばかり入手が難しいかもしれないが、ぜひペプシコーラと一緒にみんなでワイワイと騒ぎながら楽しみたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP