ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鉛筆の芯に彫刻?超繊細なミニチュアアートがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの彫刻家、オーギュスト・ロダンの名作「考える人」を模したこちらの作品。

オリジナル作品さながらの迫力だが、これはブロンズ製ではなく、私たちにとって、とても身近で小さなものが使われている。

これは、ボスニア出身のアーティスト、JasenkoĐorđevićさんが、鉛筆を掘って作ったアート作品だ。


数ミリ足らずの鉛筆の黒鉛で、これほどまでに繊細なディテールを掘り出すとは、まさに圧巻。

製作中の彼の集中力は、おそらく人並みはずれたものなのだろう。

使う道具はナイフとノミだけというのだから、また驚きだ。

見ているだけで思わず息を飲む彼の鉛筆アート。

もっと見たいという人は、彼のFacebookをチェックしてみて。

Facebook
https://www.facebook.com/TOLDart

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP