ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~山形県尾花沢市銀山温泉周辺~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今ひそかに人気上昇中の山形県尾花沢市銀山温泉周辺のお勧めデートスポットをリサーチャーさんに教えてもらった。

銀山温泉


銀山温泉は尾花沢市の山間部にあり、江戸時代には「延沢銀山」があったことで栄えた500年もの歴史をもつ温泉街だ。夕暮れになるとガス灯に火がともり大正ロマン情緒に溢れ、特に冬の銀山は都心に住む人たちの間で密かなブームとなっている。その銀山温泉の中でも老舗旅館のひとつに数えられる「能登屋」の屋号は、江戸時代に先祖が石川県七尾市からこの地にきたことに由来する。NHKの朝の連ドラ「おしん」のロケがされたことでも有名で、泉ピン子演じるおしんの母・ふじは、銀山温泉で働いているという設定だった。さらに、ジブリアニメの『千と千尋の神隠し』に登場する湯屋のモデルが能登屋だという噂があるが、真相は不明だという。

立ち食い豆腐


大正ロマンに包まれた銀山温泉の入り口にある創業130年の老舗「野川とうふや」では、昔ながらの手作り製法で作られた立ち食い生揚げ、立ち食い豆腐テンが名物。この立ち食い豆腐を食べながら、足湯(和楽足湯)を楽しむのも一興だ。因みに店の御主人の野川さんは老舗豆腐屋の隣で理髪店も経営しているヤリ手で、散髪客がいる場合には豆腐屋はお休みとのこと。ホンワカした気分にさせてくれるのも魅力の一つだ。

幻想の森(樹齢一千年の杉が立ち並ぶ)


尾花沢市の直ぐ近くにある戸沢村には、樹齢千年以上が立ち並ぶ幻想の森がある。一歩森に足を踏み入れると、幻想的な神秘の空間が広がり、従来の杉のイメージを覆す不思議な光景に包まれる。戸沢村は国民健康保険発祥の地であり「相扶共済の碑」が残っている。前身であった角川村は交通の便が悪く、医師のいない村であった。その対策として、村民たちが協力して村立診療所に角川村保健組合を発足させた。これによって村民は安心して医療行為を受けられるようになった。その後の昭和13年、日本政府が国民健康保健法を施行すると、これにより同組合は、国民健康保険組合と改名し、同年8月1日、法律に基づく「角川村国民健康保険組合」として全国第1号の設立認可を受けたのであった。現代にも残る国民健康保険の「相扶共済」の精神はこの地から始まったといっても過言ではないのだ。

【関連記事】
調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~マイナスイオンたっぷりのひんやりスポット~
食べると恋人ができる?恋愛運が上がるグルメスポット3選
調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~奥渋編~
調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~話題のアウトドアデートスポット編~
調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~奈良編~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP