ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電気工事は不要!取り付け簡単な照明ユニット「The BIT Light」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「リビングの片隅を、明るくしたい」「ワークコーナーを作りたいから、電気を取り付けたい」。

そんなちょっとした要望に応えてくれる、画期的なアイテムが登場。

電気工事なしで、天井や壁に照明を取り付けられる「The BIT Light」である。

・引っ掛けシーリングなしで電気を供給

天井に照明をつける際、どうしても必要なのが、引っ掛けシーリング。

この器具にきちんと配線しなければ、電気を供給することはできない。

さらに、その作業を許されているのは、資格のある電気工事士だけという、2重のハードルが立ちふさがっている。

「The BIT Light」のすごさは、この工事を必要としない点。

電源となるキューブ型のコネクタを、低電圧電源を供給する天井か壁に、ぺたりと貼り付けるだけで済む。

・どんどんつなげて明るさアップ

そのコネクタに今度は、専用のLEDライトを取り付ける。

電源とライトは、磁気で接続され、コネクタ内の内蔵バッテリーを介して、電気が灯る仕組みだ。

もっと明るくしたい場合は、複数のライトをつなげるだけ。

ライトの接続は、ほぼ無限大。同型のLEDライトであれば、どこまでも接続できるのも、このデバイスの面白いところだ。

・軽くて丈夫、安全性もバッチリ

素材は、ポリカーボネート。

耐衝撃性に優れ、リサイクル可能。低消費電力LEDなので、触れても熱くなく、安全性も高い。

複雑な知識も、面倒な工事もいらない「The BIT Light」。

現在、形や色、材料を変えたさまざまタイプを開発中とのこと。市場に出る日が、楽しみだ。

The BIT Light

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。