ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早実・清宮幸太郎の強気発言 桑田・清原の高校1年時を彷彿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東海大相模の45年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた高校野球夏の甲子園大会。今回もっとも注目を集めたのは、早稲田実業の1年生、清宮幸太郎だろう。

 甲子園で2本の本塁打を放ったその打撃はもちろんのこと、入学直後の公式戦で、テレビカメラ6台に囲まれても「こういう環境でやっていかなきゃいけない人間だと思っている」と話したり、「(高校通算本塁打は)80本くらい打ちたい」と豪語するなど、その“ビッグマウス”にも注目が集まった。

 振り返れば、今でも語り継がれる甲子園の大スターであるKK(PL学園・清原和博&桑田真澄)コンビも、1年生のときから自信に満ちた発言をしていた。1983年、PL学園の1年生エース・桑田は、決勝で横浜商業を完封すると、試合後にこう話した。

「ランナーが出ても、ちっとも点を取られる気がしなかった。池田高校戦で、なんか自信がついちゃったんです」

 準決勝の池田戦では下馬評を覆し、準々決勝までの4試合で30得点だった『やまびこ打線』を完封。大会屈指の右腕・水野雄仁からホームランを放つワンマンショーを演じていた。同じく1年生で、4番を打ち、決勝戦でホームランを放った清原も、当時こう語っている。

「決勝戦なんていうプレッシャーは、全然なかった。ボクはお客さんがいっぱい入った方が楽しいんです。3日間超満員でしょう。気持ちよかったなあ」

 自信に満ちていた桑田、緊張とは程遠かった清原。KKコンビは、1年のときから発言も別格だったのである。

 それでは今年の甲子園での清宮の発言はどうだったのか。初戦、6対0で今治西を下した試合後、KKの2人を彷彿とさせるような発言をしていた。

「(ヒット)1本くらい打たないと示しがつかない」
「(緊張したかと聞かれ)そりゃあ、ないっす」

 世間からすれば“ビッグマウス”に聞こえるかもしれないが、本人からすれば思ったことを口にしているだけだろう。清宮は、心臓の強さでは既に大スターであるKKコンビに並んでいるようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お年寄りに大人気の早実清宮幸太郎 宿舎を急遽変更していた
滋賀県で前年甲子園準優勝校が県立高校にコールド負けあった
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP