ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイの外相が中国外相(両方男)に愛を告白 フォロー発言は失敗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もし私が女性だったら、きっと愛していたでしょう」──。これは、タイのタナサック・パティマプラゴン副首相兼外相が王毅・中国外相との共同記者会見の場で語った言葉だ。ネット上では、時ならぬ「愛のカミングアウト」に「すさまじい外交戦略だね」とか、「(王毅外相は)こうなれば、身を捧げるしかないね」との驚きの書き込みが殺到。
 
 一方、愛を告白された王毅外相はというと、タナサック氏の言葉に目を見開き、口をあんぐりさせて沈黙。日ごろは舌鋒鋭く、相手を攻撃する姿も目立っていただけに、一番驚いたのは王氏自身だったようだ。

 この発言は8月上旬、マレーシアの首都クアラルンプールで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の際の中国・タイ共同記者会見で飛び出した。

 記者が「最近の両国関係はいかがですか」と質問したのに対して、タナサック氏は「両国関係はいまが最も良好な関係だと思います。特に、私と王毅外相は個人的にもコンタクトをとっており、王毅氏は人間的にも非常に素晴らしく、礼儀正しい人物です」と語ったその後、タナサック氏から時ならぬ愛の告白がなされたのだった。

 タナサック氏は会見で良好な両国関係を強調したかったのだろうが、これを聞いた記者も驚き、記者会見会場では失笑が漏れたほどだ。

 というのも、タナサック氏は生粋の軍人で、昨年5月に誕生した軍事政権でもプラユット・ジャンオーチャー首相と極めて親しいナンバー2と、タイ政界の重鎮中の重鎮。体重も100キロ以上あるようなガッチリとした体型の偉丈夫で、日ごろのタサナック氏を知る人からみると、この「女性ならば愛していた」発言はビックリ仰天もの。

 さすがに、タナサック氏も「この発言はさすがにまずい」と感じたのか、「我々は外交上の(形式張った)話はしておらず、個人的に、友人のように、話し合っている」と付け加えた。

 これを報じたAFP通信は「タナサック氏は、本当は『恋人のように』と言いたかったのでは」と茶化すほどで、いずれにせよ、タナサック氏のフォローは失敗に終わったようだ。

 それだけに、ネット上ではタイの人々も含めて多くの書き込みが寄せられ、「タイだったら男性同士でもオーケーだよね」などと茶化されるなど、タイのナンバー2の権威は完全に失墜してしまったようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝日記者が中国外相会見で「釣魚島」と発言 見識疑うと識者
米に促された岸田外相の韓国外相への平身低頭握手は屈辱的敗北
韓国紙 外相が国連総会で安倍首相の足引っ張るかで沸き立つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP