ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃結果】日本人に聞きました! あなたは人種差別をしたことがありますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人種差別ほど、悲しいことはありません。ヨーロッパ、北米、アフリカ、アジア、どこで生まれたとしても、同じ人なのです。皆さんは人種差別をしたことがあるでしょうか? 行動として出なくても、心の中で差別したことはあるのではないでしょうか?

・驚くべき結果が判明
そこで今回、200人の日本人を対象に「あなたは人種差別をしたことがありますか?」というアンケート調査をインターネットで実施。驚くべき結果が判明しました。

・あなたは人種差別をしたことがありますか?
心の中で人種差別したことがある (44.5%)
人種差別したことがない (37%)
人種差別したことがある (18.5%)

・差別したかどうかだけの統計
人種差別したことがある (63%)
人種差別したことがない (37%)

・大半が「心の中で人種差別したことがある」
60%以上の人たちが「人種差別したことがある」と返答し、そのうちの大半が「心の中で人種差別したことがある」というものでした。差別はダメと認識しているものの、心の中で差別的な考えをしてしまうことがあるようです。

・傷つく人がいる
非常に悲しいことですが、インターネット上には「お前らって黒人の握った寿司を食べられるの?」「差別はダメとか言う奴は黒人が握った寿司食べれるの?」という内容の書き込みがよくされます。まさに典型的なひどすぎる差別的表現といえるでしょう。

寿司の美味しさが、肌の色の違いだけで完全否定されているわけです。そこに努力やスキルやセンスはまったく関係なし。「どの人種として生まれたか?」という点だけで差別され、否定されているわけです。

・金髪と青い目がお人形さんみたい
どんな内容だったとしても、その内容に人種に関するネガティブな表現があれば、傷つく人がいるのです。難しいのは、ポジティブなことを言っても人種差別につながるケースもあることです。

たとえばよくある話が、白人が「かわいい! 金髪と青い目がお人形さんみたい」と日本人に言われて悲しい思いをするという話。日本人は褒めているつもりでも、言われた側は「同じ人間なのに(涙)」と思うわけです。

・どれだけ差別がひどいものなのか
日本人も、海外に行くと差別的な行為をされることがあります。実際に海外で差別を体験した日本人のなかには、「差別を受けてどれだけ差別がひどいものなのか理解できた」という人も多くいます。われわれ日本人は、もっと世界に目を向け、知見を広くする必要があるのではないでしょうか。

https://youtu.be/Nt7XbN8A87M

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/23/sabetsu-3/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP