体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スパークリング清酒「澪」に『澪<ドライ>』が新登場!女優・杏さんのように、おしゃれにほろ酔い!

澪ドライ5DS_1654

性にスパークリング清酒を広めた、宝酒造株式会社の「澪」。2011年の発売からわずか4年、20代・30代女性にとってもっとも身近な清酒といってもいいほどその知名度はぐんぐん上昇中! そんな「澪」にまもなく新しい『澪<ドライ>』が仲間入りする!

2015年8月25日(火)から全国デビューを果たすので一足先におためししてみた。

澪ドライ5DS_1645

もともと日本酒は「おじさんが飲んでいるもの」というイメージが長らく定着し、今でもそう思っている人は男女ともに少なくない。しかしここ10年では、日本酒ブームをきっかけに「女性にももっと日本酒を!」と各酒造メーカーがこぞって”飲みやすい日本酒”を次々と送り出してきた。その代表格がこちらの「澪」ブランド! イメージキャラクターは人気と実力を兼ね備えた女優の杏さん。

澪ドライ5DS_1647

「澪」は日本酒のほのかな香りに加え、お米の甘みと旨みをほんのり感じられるのに、これまでの日本酒とは異なり強いにおいや辛さは抑えられている。以前ご紹介した「人気スパークリング日本酒3種比較」でもその味を確かめたのだが、今回は新しい『澪<ドライ>』にスポットを当てて魅力を探りたい。

澪ドライ5DS_1642

新発売の『澪<ドライ>』は、「澪」と同じデザインの色違いで大人の落ち着きを感じさせるブラック。真っ黒ではなく、深海を思わせる緑がかったシックなカラーが特別感を醸し出している。もちろん、”飲みやすい”というコンセプトはブレておらず、アルコール分5%だからビールやチューハイより低く安心。

澪ドライ5DS_1657

原材料には「澪」も『澪<ドライ>』も国産の米と米麹を使用。日本の味を、日本の素材で楽しめるのは意外に贅沢。キャップをはずしておちょこに注ぐと、日本酒のまろやかで優しい香りがふんわり漂う。

澪ドライ5DS_1658

色は無色透明で、細かい気泡がたくさん立ち、見た目はシャンパンのよう。「澪」も『澪<ドライ>』も見た目や香りではまったく違いがわからないので、とにかく飲み比べてみよう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy