ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遅刻癖のひどい友だちと、うまくつきあう方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

待ち合わせ通りの時間に来ないのは当たり前。遅れてきてもまったく悪びれた様子もない。そんな遅刻癖のひどい人っていますよね。
遅刻癖のある人って、「遅刻=悪いこと」だとは思っていないので、そう簡単に直すことはできません。
本人が直そうと意識しない限り、遅刻しない人間になることは難しいのです。

「遅刻したらおごり」などの約束を決める

遅刻をされると、友だちにもイラッとしてしまいますが、それ以上に小さなことで苛立つ自分自身にも嫌気がさしてしまいます。
それなら、友だちが「絶対に遅刻したくない」と思う方法をとってみてはどうでしょうか。
たとえば、約束をした時点で「遅刻したらランチをおごってね」と軽いノリで提案してみる。これなら、友だちも普段以上に時間に気を遣います。
万が一、遅刻をされても、ランチをおごってもらえるので「まあ、いいか」という気分になれるはず。遅刻されてイライラしていても、何らかのお詫びがあると、意外と簡単に許してしまえるのです。

時間がつぶせる場所で待ち合わせをする

夏の蒸し暑い日や、冬の寒さが厳しい日に遅刻をされると、普段以上につらい時間を耐えなければいけません。なにより、いつ来るかわからない友だちをずっと待ち続けているのは苦痛ですよね。
そんな思いをするのであれば、待ち合わせの場所を変ええしまいましょう。
雑誌などが自由に読めるカフェや、複数の店舗が入ったファッションビルなど。時間がつぶせるお店を待ち合わせ場所に選ぶことで、自分の時間を無駄にすることなく友だちを待つことができます。

待ち合わせ時間より少し遅れて到着する

毎回、必ず遅刻をしてくる友だちがいる場合は、あえて自分も待ち合わせ時間より少し遅れて到着するようにします。
いつも時間通りに行動している人からすれば、待ち合わせに遅れることはとても気が重いこと。しかし、遅刻癖のひどい友達との約束であれば、少し遅れるくらいが一番よいタイミングなのです。
仮に、友だちの方が早くついても、普段は時間通りに来ているのですから、責められる心配もありません。
遅刻癖のひどい人は、相手の時間を無駄にしているという意識がありません。しかし、それを教え改善させるのは至難の業です。
この先もうまくつきあっていきたいのなら、自分が遅刻癖のひどい友だちに合わせた行動をとるようにしたほうがスムーズで、さらに、譲歩したことで心に余裕もできます。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
マンネリ彼氏を連れ出して、うわさの鎌倉に出かけたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP