ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは便利!ATM種類別の引出手数料を即時比較するアプリで賢く節約

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外と違って、現金決済が主流の日本。手数料を抑えて、お金を下ろしたいと思うのは、当然のこと。

口座のある銀行から、平日の昼間に下ろせればベストだが、仕事が忙しいとなかなかそうもいかないし、近場に必ず取引銀行があるとは限らない。

そうなると、夜間か他の銀行で引き出すしかないが、それも考えものである。

なぜなら、時間帯や銀行間の提携関係などによって、手数料はバラバラ。気がついたらそれだけで、相当な金額になっていた、なんてことも十分あり得るからだ。

・複雑な手数料情報を一気に可視化

そんなとき利用したいのが、この「SocialATM」だ。

キャッシュカード銀行を登録することで、ATM別の引出手数料を比較。複雑な手数料を、自動整理して可視化する、ちょっと便利なアプリである。

お金を引き出す前に本アプリを使用すれば、現在時刻から1時間後までの、ATM種類別の手数料を確認することができる。その中から、手数料が極力かからない方法を、選べばいい。

初期は、60通りの検索パターン(対応キャッシュカード6行×対応ATM10種類)に対応。Googleの施設情報サービスとも連携しており、現在地周辺の手数料が安いATMを調べることも可。

また、引き出しに加え、預入れの手数料検索にも、対応している。

・コンビニATMに関する情報も提供

「目の前の銀行ATMより、100m先のコンビニの方が手数料が安い」「○○コンビニには、○○銀行のATMが設置されているから、手数料が安い」といった、不透明になりがちな、コンビニ手数料に関する情報がわかるのも、うれしい。

あると意外に使える本アプリ。料金は無料。ダウンロードは、App Storeから。

SocialATM

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。