ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛すべき残念男子~LINEスタンプ男子編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんの周りに「あの人イケメンだし優しいんだけどねぇ……」という言葉を欲しいままにしている「残念男子」はいますか? 恋愛に全く興味がなく、趣味だけに没頭する男子も「残念男子」ですが、中途半端に女子を巻き込んで女子の大切な時間と心を消費させてしまう男子こそ、正真正銘の「残念男子」だと私は考えています。今回は、LINEスタンプが大好きな「残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①新しいスタンプに目がない


LINEスタンプは非常に種類が豊富なので、一つくらい自分の中でヒットするスタンプがあると思います。基本課金をしない硬派な私でさえ、思わず購入してしまったスタンプがいくつかあるほどです。しかし、スタンプ大好き男子はちょっぴり残念。すぐに新しい有料スタンプを投入してくる男子には「また買ったの? 」と呆れてしまいます。値段は問題ではありません。新しいもの好きな男子は飽きっぽいというイメージを持たれやすいからです。私のようなお古は「すぐに用無しになるかしら……」と不安がよぎります。

「残念男子」認定ポイント②スタンプで会話を済ませる


メッセージ付きスタンプは、微妙なニュアンスも伝わるので、使い勝手がとても良い時があります。むしろ、あえてスタンプのみで会話を楽しむ時もあるほど。しかし、スタンプ連投男子になると、「残念」です。連投されるスタンプの嵐は、まるで足蹴にされているような、どこか冷たさを感じてしまいます。女子は基本さみしがり屋。そして少しだけ手のかかる生き物なのです。スタンプの連投は控えて、文字にして欲しい。「手間は愛情」だと信じて疑いません。

「残念男子」認定ポイント③LINE上で会話をしたがる


LINEだけで会話をしたがる男子は非常に残念。電話が苦手という人が少なからずいるのはわかります。私も仲の良い友人に対して、ついメールやLINEで済ませる時があるので、全く理解できないワケではありませんが、スタンプを使いたいがために、どうでもいい会話をしてくる残念男子にはうんざりです。構って欲しいならスタンプではなく愛をちょうだい! と思ってしまいます。

 

便利な世の中になり、人と繋がる事がどんどん容易になってきた昨今。便利に流されて「残念男子」にならないよう、コミュニケーションツールを上手く使い分ける事で、容易に「残念」から抜け出せると思います。

【関連記事】
ケンカをした後に女子がして欲しいこと4つ
婚活芸人・川村エミコの本音~後編~
【連載:映画で分かる女の本音】たとえ離ればなれになっても運命の相手ならまた会える!?~『かけがえのない人』~
私の愛した♂♀図鑑~道路属性男子~
女子が運命を感じる瞬間5つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP