ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目で観た花火が、スマホに届く新感覚・花火鑑賞サービス「たまやボタン」オープン。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たまやボタンメイン画像

目で観た花火が、スマホに届く。 あなたの代わりに、撮りたい写真を“撮っておいてくれる”新感覚・花火鑑賞サービス「たまやボタン」がオープンした。

第1弾は、2015年8月22日(土) 第44回相模原納涼花火大会。

たまやボタン制作委員会は、この度、目で観た花火がスマホに届く新感覚・花火鑑賞サービス「たまやボタン」の特設サイトが公開された。
第一弾として、2015年8月22日(土)に神奈川県相模原市で開催予定の「第44回相模原納涼花火大会」にてサービス提供開始する。

「たまやボタン」は、目の前の残したい景色をあなたの代わりに“撮っておいてくれる”、新感覚の花火鑑賞サービス。
花火大会でも、花火にスマートフォンのカメラを向ける人はとても多い。でもせっかく花火を見に行っても、写真を撮るのに夢中になって、大事な瞬間をスマホ越しに見てしまう人も少なくないのかも。
「本当に美しく、目に焼き付けたい景色 は、同時に、一番“みんなに観て欲しい”景色でもある。」
そのコンセプトで、代わりに、美しい花火写真を“撮ってくれる”サービスとして「たまやボタン」は開発された。

使い方は簡単、「たまやボタン」を使用するには、特設サイトにアクセスするだけ。
花火を見ながら、“綺麗だ”と思ったタイミングで手元のスマホで「たまやボタン」を押すことで、花火大会終了後、一眼レフで撮影された花火写真が手元に届く。
会場4箇所に設置された一眼レフカメラが、1秒毎に花火写真を撮影し、大会終了後、サイト上に写真をアップロードされる。
ユーザーは、自分が「たまやボタン」を押した時間に最も近い瞬間に撮影された花火写真を、大会終了後に一覧表示し、気に入った写真をダ ウンロードすることができる。
さらに、写真を加工したり、SNSへのアップロードなども自由。
大会終了後には、一番「たまやボタン」が押された回数と時刻を一覧表示した、「盛り上がりグラフ」や「人気の花火ランキン グ」も公開予定だ。
花火をじっくり余裕を持って見られるこのアプリ。花火大会に行ったら、ぜひ使ってみよう。

たまやボタンリリース用画像-1
撮影した花火をスマホで簡単ダウンロード
大会終了後、自分が「たまやボタン」を押した瞬間の花火写真を、スマートフォンで簡単に閲覧できる。気に入った写真はダウンロードして、加工したり、SNSにアップロードしたりとご自由に。

人気の花火も、一目瞭然?!「盛り上がりグラフ」
大会終了後、一番多く「たまやボタン」が押された瞬間を、時間軸とともに可視化する「盛り上がりグラフ」 を公開予定。

素敵な4スポットから撮影したこだわり写真
写真は、スタッフが足を使って下見を重ね、花火が最も綺麗に見える会場内の4箇所で同時に撮影します。

「たまやボタン」を使用できる花火大会
2015年8月22日(土) 第44回相模原納涼花火大会
日時:2015年 8月22日(土) 午後7時~8時15分(開会式は午後6時45分から)
※荒天時、また相模川の増水時は翌日の23日に順延とし、23日も開催できない場合は中止とし、再順延は致しません。
会場:相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流
入場料金:無料(市民協賛者席 2500円)
主催:相模原納涼花火大会実行委員会
後援:相模原市、相模原商工会議所、水郷田名観光協会、田名地区自治会連合会、神奈川県、(一社)相模原市観光協会、(公社)神奈川県観光協会、愛川町、 城山商工会、津久井商工会、小沢区自治会、葉山島自治会、tvk、神奈川新聞社、 エフエムさがみ、J:COM相模原・大和
協賛:市民協賛者の皆様、スポンサー企業各社
協力:神奈川中央交通株式会社、JR東日本横浜支社、小田急電鉄株式会社、京王電鉄株式会社、地域住民の皆様
公式URL:http://www.sagamihara-hanabi.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。