ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生を思いっきり楽しんでいる人の「10のコツ」。他人を変える努力なんてしない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。
では、どう努力すればいいのでしょうか?その答えのヒントを人気ライターPaul Hudson氏が「Elite Daily」にまとめています。簡単なことではないかもしれませんが、まずは一歩を踏み出すことから始めてみては?

驚くべきことに、「自分の人生が好き」と言える人がそう言えない人とまったく違う生き方をしていることが分かりました。
人生、いろいろあります。でも、好きと言えるかどうかは自分次第なのです。
幸せは、物事をどう捉えるかによって大きく変わります。そして、人生では自分が望んではいないことも起こります。
でも、いま自分がいる状況は、これまでに自分が決断し、行動してきたことの積み重ねと言えますよね。
「我が人生に悔いなし!」と言える人になるためには、これから説明する10のことを心がけてみましょう。

01.
周りの視線を意識せず
自分の判断で行動!

自分のことを、自分で認めることができます。周囲が自分を好きかどうかは関係なし。自分が正しいと思うならば、それで充分。
周りの目を気にして行動したところで、本質的には周りが変わるわけではありません。自分の判断で、自分のしたいことをする。何かに属そうとは考えません。ありのままの自分が受け入れられる場所に行くだけです。

02.
“義務感”でやるのではなく、
やりたいからやる

基本的に、やりたくなければ何もしなくてもいいと思っています。税金を払わなくても、死んでしまったとしても。
自分の人生を楽しんでいる人は、すべてにおいて自分主導です。何かをするのも、どこかへ行くのも、それらはすべて彼らが望んでやっていること。誰かに言われたからという理由で行動することはありません。

03.
大切に想うからこそ、
友達には頼らない

友達との距離感は難しいもの。友達は友達で自分自身を大切にしており、やりたいことも、必要なこともあります。そんな自立している友達だからこそ、あなたも好きになったはずです。
友達がいるのはいいことです。でも、その友達に頼りすぎると、適切な距離感を保つことはできません。あなたも、友達も自分の人生を楽しみ、自分の思うままに生きている。だからこそ、お互いに自分の時間やペースを大切にすることが必要です。

 04.
肩書きなど気にせず、
どう生きるかを重要視

「何をされているんですか?」と聞かれても、仕事上の肩書きは答えないでしょう。今まで行ったところ、これから行こうとしている場所を話してくれるはずです。加えて、どんなプロジェクトに関わっていて、どんな問題を抱えているか、その問題にどう対処するつもりかも教えてくれます。
それらはすべて彼らがやりたいこと。たとえ、その時点で正しいと思われていないことでも、将来的に正しくなるならば、彼らにとっては苦ではありません。肩書きよりも、自分がどのように生きているかのほうが重要です。

05.
地球を自分の家にする!

どちらかといえばあちこち飛び回っている人が多いです。旅に出ると気分がよくなるからでしょうか。それとも、一箇所にいると飽きるからでしょうか。
おそらく、多くの人に出会って新しい何かを経験することが大好きだからでしょう。もしかしたら、永住できる場所を探し続けているのかもしれません。彼らにとっては地球が家。国や都市だけにはとどまりません。

06.
自分の哲学を生み出す

自分の人生を語るときに、「この人の本を読んで影響を受けた」、なんてことは言いません。自分の好きなように生きればいいと考えており、自分が正しいと感じたことを大事にしています。物事の良し悪しは、自分が決めればよいことなのです。

07.
いつ死んでも後悔しないよう
日々を全力で生きる

人間はいつか死ぬ。どのような人生を送っていたとしても、最期はやってきます。でも、その事実が彼らの原動力になっています。時間が有限だと知っているからこそ、大事にしたいと考えるのです。
死を避けることはできません。それならば、その現実を受け入れることが大切。いつ死ぬかをコントロールすることはできないけれど、どのように生きるかはコントロールすることができます。

08.
自分が体験したことのみを
事実とする

生き方はさまざま。感じ方もさまざま。人生では、他の人には体験することができない「自分だけの楽しみ方」ができます。
もちろん、世界や地球の見え方も人それぞれ。誰かが見たものを受け入れるのではなく、自分の目で見たもの、自分が感じたものを事実として受け入れます。いま自分が生きている環境は、自分の価値観や感性で作り上げてきたもの。人生を楽しんでいる人は、その環境を自分の人生を楽しめていない人よりも上手く作り上げただけなのです。

09.
将来を見据えた目標を持つ

人生を楽しんでいる人は、自分の人生に期待し、夢を持ち、目標を掲げて生きています。その時の気持ちに正直に動きたいと思うこともありますが、先のことをしっかりと見定めているから、行き当たりばったりの楽しみに囚われることはありません。
「いつか叶うといいな」と思っているだけでは、夢は決して叶いません。いまある時間をいかに過ごすかが、結果として夢が叶うかどうかを決めるのです。過去は思い出すことしかできず、絶対に変えられないもの。一方、未来は望むことしかできません。人は、いまを生きることしかできないのです。

10.
他人を変える努力をするより
“どう付き合うか”を考える

誰かを変えるために、自分の時間を費やすのは無駄。人は、自分が変わろうと思った時にしか、変われないものです。そして、自分が変わったのは自分が決意したからであるという考え方をすべきです。
助言するのはOK。でも、変わらない人は変わらないので、その人に割く時間はもったいない。もし、誰かにこうなってほしいと思うことがあって、それを伝えたのにその人が何も変わらなかったら…。サヨナラをすることも、人生を楽しむためには必要なことかもしれません。

人生を変えたければ自ら動くしかない。まずは、一歩を踏み出してみましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

30歳以上は覚えておくべき!「パートナー」と「彼氏」の決定的な違い
後悔する前に、両親に伝えたい8つのメッセージ。「2人は私のヒーローです」
付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP