ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シミ・そばかす対策に有効なファイトケミカルってなに!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シワ、たるみ、シミ、加齢臭、メタボ……誰もが悩まされる、見た目やカラダの老い。しかし、毎朝飲むたった一杯のジュースで、これらの悩みを劇的に改善することができるとしたら、どうしますか?

 本書『老けない人の朝ジュース』では、乾燥肌改善ジュース、大人ニキビ撃退ジュース、むくみ解消ジュース、加齢臭が気になる人のジュース、腸のデトックスジュース、血液サラサラジュース……といった、さまざま健康の悩みに応じたジュースの作り方を紹介。それぞれのジュースの具体的な効能も、詳しく解説されていきます。

 肌の悩みとして、いまの季節、とくに気になるのはシミやそばかす。連日の猛暑のなか、紫外線を肌が浴びてしまうと、活性酸素が活発になり、メラノサイトという細胞がメラニンを生成。これがシミやそばかすのもとに。そのため、シミ、そばかす対策として、外出時、帽子やサングラス等で直接紫外線を肌に浴びないようにすることはもちろん大切ですが、活性酸素の働きを抑えるビタミンCやファイトケミカルを野菜やフルーツからたっぷり摂取することもまた重要だといいます。

 ファイトケミカルとは、野菜などの植物物が紫外線や害虫などから自分の身を守るためにつくり出す物質。このファイトケミカルを体内に取り込むと、カラダの中で抗酸化力を発揮し、活性酸素と戦って細胞を守ってくれるそうです。またファイトケミカルは種類が豊富で、ひとつの野菜のなかに数十種類から数百種類も含まれているとのこと。

 そこで作りたいのが、ビタミンCとファイトケミカルたっぷりのジュース。本書では、これらを多く含む野菜やフルーツを使った、2種類のジュースが紹介されています。

 まずひとつめは、「いちご+赤パプリカ+トマト」のジュース。1人分、約200mlあたりの材料は、いちご50g(3コ)、赤パプリカ30g(1/3コ強)、トマト120g(3/4コ)。作り方は簡単、すべての材料をミキサーに入れて撹拌するだけ。

 ふたつめは、「かぼちゃ+黄パプリカ+プチトマト」のジュース。材料は、かぼちゃ30g(4cm角)、黄パプリカ20g(1/5コ)、プチトマト(黄)160g(16コ)。かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱したならば、こちらもすべての材料をミキサーに入れて撹拌するだけ。

 これらのジュースを飲むことにより、活性酸素を抑え、皮膚の新陳代謝を活発にし、シミとそばかす対策になるそうです。自身の悩みに応じた、本書で紹介されるさまざまなジュースは、どれも短時間で簡単に作ることができるものばかり。つくりたてを毎朝飲み、体内からの若返りを目指してみませんか?

■関連記事

生の果物VSドライフルーツ 腸内環境を改善してくれるのはどっち?
コレステロール対策 食事のバランスは1日単位ではなく1週間単位で考えるべし
民族音楽でトランス状態になる原因は皮膚の"聴覚"にあった!?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP