ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NASA発ベンチャー、宇宙飛行士気分で地球を眺められるVRカメラの打ち上げを企画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SpaceVR3NASAの宇宙飛行士や宇宙エンジニアを中心として設立されたベンチャー企業が、「バーチャルリアリティー(VR)カメラを宇宙に打ち上げよう」という企画を立ち上げ、注目を集めている。

・バーチャルリアリティーで、誰でも“宇宙飛行士になれる”

“宇宙から地球を眺める”。それを実際に経験できたのは536人の宇宙飛行士だけ。

SpaceVR社は、その人生観が変わるような体験を世界で初めてVRで再現するため、今年の2015年1月に設立された。

SpaceVR2「SpaceVR」では、宇宙から送られてくる地球の映像を、3Dで360度見渡せるVRヘッドセットを通して見る。

まさに地球にいながらにして、宇宙飛行士気分を味わえるのだ。

・Overview Oneカメラ それは宇宙へのチケット?

それを可能にするのが、現在開発中の“Overview Oneカメラ”だ。これは、360度撮影できるGoProのような小型カメラ。

SpaceV5国際宇宙ステーション“キューポラ”で撮影した映像を、ライブストリームで地球に送る。

そのコンテンツはスマホ、デスクトップ、そしてSamsung Gear、HTCVive、 Oculus Rift などのVRヘッドセットでアクセス可能だ。

とはいえ、宇宙開発に困難は付き物。

現在Kickstarterのキャンペーンでは、国際宇宙ステーション“キューポラ”搭載に耐えられる“Overview Oneカメラ”の研究と1年分のオペレーション代50万ドルの出資目標を掲げ、今の時点で3万9000ドルほどを集めている。

9月9日まで出資受付中で、今なら750ドルで、宇宙服にインスピレーションを得たゴールドプレート・デザインのSamsung GearVRヘッドセット本体と、宇宙から送られてくる最高画質のライブストリーム映像を12ヶ月間アクセスできる権利が手に入る。

SpaceVR4「SpaceVR」の企画が実現すれば、宇宙飛行士の視界を個人で楽しむだけでなく、学校の教材として使ったり、プラネタリウムのアトラクションとして使うなど、様々なコンテンツ転用の夢が広がる。

日本からだけでなく、世界中のユーザーが宇宙にあるVRカメラにアクセスする。壮大な夢のある企画だ。

Kickstarter (SpaceVR)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。