ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホからその場で印刷できる超小型「携帯プリンター」が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや写真を撮るならスマートフォンという人が多いだろう。スマホのカメラを利用している15~39歳の男女に保存している写真枚数を聞いたところ、平均で976枚、最も多い15~19歳女性では平均1715枚にのぼっていた(MMD研究所調べ)。これらの写真を友人・知人と共有するときはLINEやFacebookなどのSNSが利用される一方で、スマホからカードサイズの紙に印刷できる携帯プリンターが10~20代中心に関心を集めている。

 ガールズアワード2015にスマホ専用の携帯プリンター「pomini(ポミニ)」の体験ブースを出展したGK株式会社の牧野俊介さんは、プリクラとチェキをあわせたような写真が出来上がる様子を見た若い女性たちから、次々と「かわいい!」と声が上がるのに驚かされたという。

「近くに無料で商品を配布していたところもあったのですが、うちのほうにより多くの皆さんがいらしてくださり、反響の大きさに驚かされました。販売前には、写真をSNSで共有するのが当たり前の時代に、印刷することへのニーズがどれだけあるのかという懐疑的な見方もありました。

 でもチェキが好調を維持していますし、アプリで修正やデコレーションできるスマホで撮った写真を記念にプリントしたい気持ちがあるんですね」

 女性たちが「かわいい!」と声を上げた写真は、専用アプリをダウンロードし、pomini本体とスマホをBluetooth接続することで印刷できるようになる。専用アプリの印刷ボタンを押すと、専用紙に熱が加えられてプリントが始まり25秒で出来上がる。感熱方式なので、インクもリボンも必要ない。

 専用紙はシールになっているので、好きな場所とレイアウトで貼ることが可能だ。量販店や通販などで購入できるpominiの販売価格は本体と専用紙あわせて2万円弱だ。

 スマホで撮影した写真を名刺サイズのシールタイプの専用紙に印刷するだけでなく、QRコードなどで音声やURLを写真に記録できるのもpominiの特徴。専用アプリで録音されたメッセージを、アプリ経由で読み取ることで再生できる。本体は186グラムと小型で、172グラムのiPhone6Plusとあまり変わらないため携帯しやすい。実際にどのような場面で利用されているのか。

「結婚式場で音声メッセージ付きの写真を寄せ書き代わりに作成するサービスが始まっていて好評だと聞いています。秋葉原のメイド喫茶でもサービスのひとつに加えられていたり、メッセージ付きカードとしてイベントで販売されているそうです。私自身は、離れて暮らす親に孫の音声メッセージ付きの写真を渡して、楽しんでもらっています」(前出・牧野さん)

 小型軽量の携帯プリンターは、さかのぼると2008年にわずか227グラムと当時としては画期的な小ささの「Polaroid PoGo」が発売されていた。デジタルカメラだけでなく携帯、スマホにも対応していた製品だったが、浸透する前に製造中止された。

 スマホ専用では、2013年6月からLG ElectronicsがPocket Photoシリーズを日本で販売しているが、大きな注目を集めるジャンルに成長するきっかけをつかめずにいた。

 しかし、2014年2月に富士フィルムから「スマホ de チェキ instax SHARE SP-1」が発売されると、スマホ専用の携帯プリンターは注目度の高いジャンルになった。

 アナログ撮影と現像をするチェキは、いまやイベントに欠かせないインスタントカメラだが、「スマホ de チェキ」はスマホで撮影した写真を現像だけする装置だ。253グラムと携帯するには少し重量が気になるが、馴染みがあるチェキ用紙をそのまま使える手軽さから人気は高い。

 続けて2014年5月に発売されたハイティデジタルの「Pringo」は、インクリボンを使用するので発色がよく銀色も印刷できるのが特徴だ。394グラムと少し大きめだが、本体には女性を意識したデザインが施されている。そして今年3月、前出の「pomini」が登場した。

 Googleカレンダーやジョルテなど、デジタルデータで完結できる便利なスケジュールツールがありスマホを持っていても、手帳が手放せない人は少なくない。スマホとSNSが写真撮影と共有の標準になっても、気に入った写真を紙で残す習慣はなくなりそうにない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キッチンで笑顔を見せる祥子をこっそりパチリ やはり綺麗だ
大前研一氏「デジタル家電戦場はスマホからテレビへ移る」
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP