ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『めざましテレビ』軽部真一アナ 実力と存在意義を徹底検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、フジの軽部真一アナのスタンスを“業界目線”で徹底的に分析。

 * * *
「フジテレビにとって久々の明るいニュース」と、『ワイドナショー』の松本人志を始め、同局にレギュラーをもつタレントやアナウンサーらが番組で喜んで取り上げたニュース。それは、榎並大二郎アナが「タイVJ(ビジット・ジャパン)」なる観光特使に任命されたことである。

 観光庁が、“しばり”の多い局アナを特使に任命するのは著しく稀なこと。榎並アナのタイでの人気がよほど国民的なものなのだろう。

 加藤綾子アナ、椿原慶子アナと同期で、彼女たちの“おもちゃ”であり“パシリ”的存在の榎並アナは、「ホントにイイ人なんです」(加藤アナ談)とのこと。ガタイも良ければ、万人ウケするイケメンでもあるし、タレントにいじられると小声になるという、ツッコみ甲斐ある特徴をもっている。

 最近、同局の男子アナは、人気者だったり、注目を集めた人たちがスキャンダルを起こしたり、早々に結婚してしまったりしている。榎並アナにはもう少し独身を貫いていただき、人気男子アナとして、大きな番組を担当してもらいたいものである。

 同局の男子アナで安定した人気を誇っているのが『めざましテレビ』の軽部真一アナだ。

『オリスタ』調べによる「好きな男子アナランキング」では、常に上位。2010年には、なんと2位にまで登り詰めている。

 もっとも同誌は若い読者に多く読まれているので、彼らが好んで見ている『めざましテレビ』のエンタメコーナーを担当している、というだけで若者にとっての知名度はダントツ。「好き」ということではなくて、「知名度の高さ」だけで選ばれている…と言ったら言い過ぎだろうか(苦笑)。

 1994年4月。当時、朝の超人気番組だった『ズームイン!朝』(日本テレビ系)に対抗すべくスタートしたのが『めざましテレビ』。NHKの人気アナだった大塚範一氏をメインに、脇には男性にも女性にも好感度抜群だった八木亜希子アナが座った。

 そのときから同番組のレギュラーなのが軽部アナである。いまから21年も前のことなので、軽部アナはまだ30代目前。おじさまながらギャルっぽいココロをもつ大塚さんの邪魔をしないキャラとして、帯のワイドショーのリポーター経験などがあった軽部アナが選ばれたのだろう。

 2011年.その大塚さんが病に倒れ、2012年4月、レギュラー陣が一新された。「アミーゴ伊藤」として視聴者に親しまれた伊藤利尋アナは他の帯番組との掛け持ちが限界となり卒業。女子アナやお天気キャスターもチェンジされ、メインは軽部アナと同期の三宅正治アナが担当することとなった。

 この時点で、番組開始からのレギュラーは軽部アナのみになり、その後も彼はエンタメコーナーをずっと担当している。

 そんな軽部アナのことは、コンサート会場を始めとする現場でよくお見かけする。翌朝早いだろうに、アンコールまでちゃんと見ていて、その後、“独占”するカタチでアーティストの楽屋を訪ねることもある軽部アナ。

 いまは『ZIP!』(日本テレビ系)も番組の大半をエンタメが占めるため、レコード会社や芸能プロダクションから大事にされているが、いかんせん、来るのがモデル風のオネーチャンばかり。彼女たちがこの先、何年もエンタメの現場に取材に来るとはとても思えないためか(苦笑)、現場でものすごい“お出迎え”をされているナンバーワンの“出役”が軽部アナなのである。

 しかし、だ。私が見る限り、軽部アナは、いわゆるエンタメにあまり興味がなさそうなのである。恐らく彼が本当に好きなのは、高嶋ちさ子さんと共に1997年から続けている『めざましクラシックス』に代表されるクラシック音楽。あとはオペラとかミュージカルといった、視聴者にはややとっつきにくい高尚なエンターテインメントだと思うのだ。

 大衆的な…ということになると後輩の笠井信輔アナのほうがずっと知識も豊富だし前のめり。実は私は、独身時代の笠井アナの自宅に招いてもらい、女性誌の取材をしたことがあるのだが、段ボール箱5個の中にキレイに整理されていたのは全て映画のパンフレットだった。

 昨年、青山劇場で上演された貫地谷しほり主演の『ガラスの仮面』後のトークショーの仕切りもお見事だったし、フジテレビ絡みの映画やドラマの会見の司会も、かなりの回数、噛む以外は(!)文句ナシの出来栄えなのだ。

 一方の軽部アナの大失敗を私は立て続けに見ている。まず、軽部アナは、芸能人の名前をよく間違えるのである。それも、いま、この人の名前、絶対に間違えたらダメでしょ…という人の名前を、だ。

 フジテレビが社運を賭けている映画『HERO』の、会見も初日舞台挨拶も司会は軽部アナだったのだが、この人、大勢の芸能人を前にすると明らかにアガってしまうみたい。こういうのを見ていると、TBSの安住紳一郎アナとか、タレント慣れしすぎている感もある伊藤利尋アナの巧さが際立つものだ。

 もっとも、安住アナが映画の舞台挨拶などを仕切ると、登壇したタレントたちより歓声が大きいことがあって…。それはそれで局アナとしては問題なのかもしれない。

 で、軽部アナ。『HERO』初日のキャスト呼び込みで、吉田羊を「吉田礼さん!」と紹介した。羊さん、ガッカリしただろうし、落胆もしたと思う。自分を全国区にしてくれた『HERO』を「宝物です」と言っていた彼女は、確かにメインキャストの中では正名僕蔵と1、2を争うほど知名度が低い。「あぁ、私はまだ名前を間違えられてしまう女優なのだ」と思ったりはしなかっただろうか。ファンの私は現場で本当に悲しくなった。

 そして軽部アナは、あろうことか、キャストが登壇し終えたときにも、「吉田礼さん、羊さん」とまた間違えたのである。このときはさすがに気づき、すぐに自分で訂正。さらに、会見のときも、“ウラまわし”というよりは、“サブ司会”、いや、“メイン司会”として立ち回っていた八嶋智人が、「軽部さんは、羊ちゃんの大ファンだからね」(だから緊張して間違えてしまった)と大フォロー。

 吉田羊も、その夜、「ども! 吉田礼です」というタイトルでブログをアップし、笑いにもっていってくれていた。

 翌週の月曜、その模様を嬉しそうに話す軽部アナ。いやいや、羊さんのブログのタイトル、喜んで紹介してる場合じゃないでしょ、ちゃんと謝らないと! あと、しっかり編集されちゃっていましたが、呼び込みのときも「私、間違えてしまいました」と自己申告しないと!!

 彼が羊さんファンであることはどうも本当らしく、封切り前、三宅アナ、加藤アナと軽部アナが城西支部の面々と日替わりコントをするコーナーがあった。軽部アナはどうしても羊さんと僕蔵さんのコンビと組みたいと言い、直前に、代わってもらった…と紹介された。

 だが、ももクロファンで、ペンライト持参で後輩アナを引き連れてカラオケに行った三宅アナや、件の榎並アナと深夜、ラーメンを食べに行く約束をしておきながら、椿原アナの家で寝てしまった加藤アナに比べ、キャラもなければ、演技力もなく、しかも、エピソードが薄かった軽部アナ。羊さんと僕蔵さんは、結果、“もらい事故”のようなことになっていた。

 そう、軽部アナがボケても、視聴者はクスリとも笑えないのである。

 長年、エンタメだけをやっているせいで、「軽部さん」「軽部さん」とタレントや視聴者から親しまれているような大きな勘違いを本人もスタッフもしてしまってはいないだろうか。

 先日の『FNSうたの夏まつり』でも、『水曜歌謡祭』の森高千里とアンジャッシュの渡部建と共に浴衣姿でMC位置に並んだ軽部アナ。まだ司会進行に慣れていない森高と渡部が、『水曜~』よりもさらに大きな仕事を任されるとあって、軽部アナは二人を支えるために起用されたのであろう。

 しかし、冒頭から「FNS夏のうたまつり」とタイトルを間違える軽部アナ。しかも、視聴者にもその緊張ぶりが伝わってくる始末なのである。

 あまりにも緊張している人のそばにいると、そう緊張していない人たちの調子までおかしなことになるものだ。森高と渡部にも軽部アナの緊張が伝染してしまったのか、全くイイところがなく、たとえば森高は、Kis-My-Ft2の『Kiss魂』を「キスだましい」と紹介。正しくは、「キッスだましい」だ。そういうところを言い直すのが軽部アナの役割ではなかったのだろうか。

『めざましテレビ』では、同期の三宅アナと共に、「みやかるさんぽ」なる、“おじさん二人のロケ”コーナーまでスタートしてしまったのだが、誰が喜んで見ているのだろう?

 いや、三宅アナは、スポーツ中継に定評があるだけでなく、いまはスペシャルとして時折オンエアされる『ジャンクSPORTS』で、浜田雅功へのツッコミもいいし、笑いもわかっているベテランであると見受ける。

 しかし、軽部アナだけは、どうして、『めざましテレビ』がリニューアルしたり、レギュラーの入れ替えがあったりしても居続けるのか?

 別に私は、問題視しているワケでもないし、軽部アナのことばかり毎日考えているなんてことも全くないのだけれど、今回のように、書き始めると止まらないぐらい(苦笑)、軽部アナである必然性が見つからないのである。

 三宅アナが夏休みのときも、仕切っていたのは若手の倉田大誠アナだった。彼はジャニーズのオーディションに何度も応募した過去をもつことでも有名だし、彼のような人をエンタメ担当にしたら良いのでは?とも思うし、現場に出れば必ず爪痕を残してくる山崎夕貴アナなどは、もうすぐにでも軽部アナの代わりに据えて良いのではないだろうか。また、まだまだ若手だが立本信吾アナを売りだそうとしている局の様子も見てとれる。

 繰り返しになるが、そう、いつもいつも軽部アナのことを考えているワケではないし、興味をもっているワケでもない。恐らく多くの視聴者が私と同じだと思う。居るから見ている。もっと言えば、彼を見ているのではなく、彼が紹介するエンタメ本編を見ているのだ。

 まさか軽部アナで一本コラムを書くとは夢にも思っていなかったし、件のエピソードを取り上げるのもどうしたものかと思っていたのも事実である。

 だが、先日、ある業界関係者から、「『軽部問題』というのがあるらしく…」と聞いてから、やっぱりそうかと…。長寿番組であり、低調なフジテレビにあって、唯一、元気がいい“情報局”の要というべき『めざましテレビ』も、スタッフがどんどん入れ替わっている。当然、トップも交代しているので、「なぜ軽部さんなのか」と感じる人もチラホラ出てきているようなのである。

 つい先日も、バレーボールW杯に出場する選手たちから毎日出題される「クイズアクアタック」の連続正解を途絶えさせたのを始め、ダメ感満載の軽部アナを出演者全員(しかも三宅アナ以外は年の離れた後輩たち)が容赦なくツッコむのは、『めざましテレビ』の“お約束”。言うなれば、「困ったときの軽部いじり」か。まぁ、ベテランの三宅アナや、仕切りの天才・カトパンがオンエア中に困ることなんてそうはないのだが…。

 とはいえ、『めざましテレビ』初回から出ている唯一の出演者。軽部アナに託された役割といえば、大塚範一さんを再び迎えるときや、大塚さんの近況を伝える際、“大塚イズム”を知る唯一の出役としてコメントを求められることに間違いない。

 また、出役みんなが仲良さそうに見えることで視聴率をジワジワ上げてきたことで、他局含め、情報番組の“手本”になっている『めざましテレビ』にあって、“生き字引”軽部真一アナの存在はやはり貴重なのかもしれない。

 そんな中、局内から囁かれ始めたらしい「軽部問題」。今後に注目したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妖艶な阿部知代と40代童顔の西山喜代恵 フジの屋台骨支える
戸部洋子&森本さやかアナの結婚披露宴“勝負服”2ショット
大江麻理子アナ NYでフジ阿部知代アナ宅訪ね身の上相談した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP