ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人小林誠司 「女断ちで変われる」とフジ宮澤智と距離置く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島・前田健太からホームランを放ち(8月8日)、プロ2度目の猛打賞(8月14日、対中日戦)と、開幕スタメンながら長期の二軍暮らしに甘んじていた巨人・小林誠司捕手(26)がようやく結果を出しつつある。猛打賞の際には、原辰徳監督(57)も「見事だね」と手放しで褒めた。

 恋人のフジテレビ・宮澤智アナ(25)も、さぞかし喜んでいると思いきや……そうでもないらしい。

「5月に小林がプロ入り初の二軍降格した後に、2人は別れたみたいですよ」(巨人関係者)

 今年1月、連泊密会をフライデーされた2人。報道直後、小林は「温かく見守ってください」と堂々の交際宣言をしたのだが……。

 今シーズンは正捕手だった阿部慎之助(36)が一塁手に転向。後継者として開幕マスクを託されたのが小林だった。しかし、開幕直後にチームは低迷。急遽、阿部が捕手に再転向するドタバタ劇となった。

 5月に二軍落ちした際、岡崎郁二軍監督(54)は、「正直、甘いです」と小林をバッサリと切り捨てた。

「阿部が捕手に復帰したときは、相当落ち込んでいました。普段は声が大きい彼も、蚊の鳴くような声でした。

 しばらくは二軍でも結果を残せず、懲罰交代を食らったこともあった。そして、苦悩する小林は、『女断ちをすれば変われるはずだ!』と宮澤アナと距離を置くことを決断したそうです。

『野球に集中したい』と別れを切り出したみたいですが、彼女にしてみれば『何で急に?』という感じだったでしょうね」(同前)

 小林が選んだのは“私生活の女房”より“チームの女房役”だったということか。それにしてももったいなさすぎます!

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人の正捕手候補 小林誠司は意外にも及第点の仕事している
阿部捕手復帰に木俣達彦氏「打撃重視なら1塁守らせるべき」
巨人・小林誠司 他の控え捕手よりも若手投手との相性が良い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。