ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バター風味が際立つ!「ポップコーン」を簡単に作る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジを加えたレシピが「LittleThings.com」に登場しました。「こっちの方が断然美味しい!」と豪語するCassandra Lewis氏は、ちょっとした家庭の気づきをハックに変えるアイデアマン。彼女のレシピ、手抜きではないのであしからず!

まずは、材料。
「天然のポップコーン豆が断然おすすめ」とLewis氏。あとは、できれば有機バターを使うこと。塩分が気になる人は無塩バターでもOKだそう。あとは、耐熱ボウルとボウルにフタができるサイズの平皿が一枚、これだけ。

つくり方もいたって簡単。
ボウルに人数分のポップコーン豆を入れて、バターを大さじ2杯分用意します(お好みで量は調節して)。ちなみに、ポップコーン豆は1人前で30〜50グラムが目安。

ボウルの上に平皿を置き、ボウルではなく、お皿の上にバターを乗せるのがポイント。そのまま電子レンジに入れて、600wで3分弱加熱します。この同時調理が美味しさの秘訣。

この方法なら、ボウルとお皿を熱が上手く循環するだけでなく、ポップコーンがポンポンと弾け飛ぶのも防ぐことができるんだそう。豆がすべて真っ白いポップコーンに変わったら、電子レンジから取り出します。熱くなっているから、やけどに注意して。

最後に、お皿の上の溶けたバターをできたてのポップコーン回しかければ完成。

たったこれだけのことなのに、焦げる心配もなく、驚くほどにバターの風味が増して、香り豊かな仕上がりになるようです。ちょっとリッチなポップコーン、是非お試しあれ。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

関連記事リンク(外部サイト)

ピンクの「冷製パスタ」が登場!その正体は世界が注目する、アノ野菜だった
今、大注目の「アボカドスイーツ」基本技を紹介!これだけ覚えておけば、アレンジは自由自在
ニキビや抜け毛、美肌にまで!?ニンニクが持つ「6つの効果」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP