ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アーバンギャルド 黒宮れい(BRATS)ボーカルで映画『DREAM MACHINE』挿入歌制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる、映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクト『MOOSIC LAB』。そのコンペティション部門に参加した映画『DREAM MACHINE』にて、アーバンギャルドが挿入歌を手掛けている。

 今年は8月22日~9月11日 新宿K’s cinemaにて開催される『MOOSIC LAB』。そこで上映される映画『DREAM MACHINE』は、AVレーベル“性格良し子ちゃん”を手がける映像作家・ターボ向後が“禁断の多数決”と“BRATS”という2アーティストそれぞれが観た夢を映像化し、その一方で現実のアーティスト達のドキュメンタリーも収録するといった構成になっている。

 虚実が入り乱れる実験的ムージック作品となっており、また映画ポスターの衣装デザイン&スタイリングなどの美術面を新進気鋭のクリエイター東佳苗(縷縷夢兎)が行っていることでも話題である。

 アーバンギャルドが制作した挿入歌は、BRATSの黒宮れい(vo)が歌う「十四歳病」で、演奏もアーバンギャルドが行っている。作詞作曲を手掛けた松永天馬は、黒宮れいを十分取材した上で彼女の年齢14歳の今を切り取り、アーバンギャルドの世界観とコラボさせている。

関連記事リンク(外部サイト)

新垣隆&吉田隆一/PASSPO☆/DAOKO/テンテンコ/レ・ロマネスクら『鬱フェス2015』の全出演者決定
アーバンギャルド松永天馬『Let’s 天才てれびくん』新レギュラーに決定
ザ・キャプテンズのケイ伯爵が脱退、4月からアーバンギャルド加入

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP