ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のラッパー、フェティ・ワップがHot Rap Songsチャートで歴史的快挙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フェティ・ワップが米ビルボードの最新“Hot Rap Songs”チャート(8月29日付)で「Again」を8位に送り込んだことにより、26年の同チャート史上初めてデビュー・シングルから連続4曲を同時にトップ10入りさせたアーティストとなった。ワップは現在、「Again」の他に「Trap Queen」を2位に、モンティをフィーチャーした「My Way」を3位に、レミー・ボーイズをフィーチャーした「679」を5位にチャートインさせている。

 4曲同時トップ10入りはこれまでに8人のアーティストが達成しているものの、デビュー曲から最初の4曲全てを同時にトップ10入りさせたのはワップが初めてとなる。

 ちなみに4曲同時トップ10入りの快挙は、2005年に初めて50セントが成し遂げた。自身の曲2曲とフィーチャー・アーティストとして参加した1曲がトップ10にチャートインしていたところに、フィーチャリング参加した米ラッパーのゲームの「Hate It or Love It」が16位から10位へ浮上したことで同快挙につながった。

 しかし、初めて自身の曲だけで4曲同時トップ10入りさせたのはT.I.で、2009年のことだ。T.I.はリアーナをフィーチャーした「マイアヒ・ライフ(Live Your Life)」を1位、「ホワットエヴァー・ユー・ライク」を4位、ジェイ・Z&T.I.名義でカニエ・ウェスト&リル・ウェインをフィーチャーした「スワッガー・ライク・アス」を8位、ジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャーした「デッド・アンド・ゴーン」を9位につけた。

 なお、ドレイクと50セントは5曲を同時トップ10入りさせた最多記録をともに達成している。

 フェティ・ワップが“Hot Rap Songs”チャートに初登場したのは、2015年1月31日付けチャートに22位で登場した「トラップ・クイーン」だ。同曲は10週目でNo.1をマークすると3週連続で首位に留まった後、25週間にわたり3位圏内をキープした。

 「Again」は“Rap Digital Songs”チャートでは1位に初登場(8万8,000ダウンロード)しており、「My Way」に続き同チャート2度目の首位獲得となった。

関連記事リンク(外部サイト)

アリアナ・グランデ、超絶キュートでヒットソング満載の初単独公演にファン大熱狂
『ウッドストック』サントラの表紙に写る男女2人、46年後の今もその愛続く
ジャスティン・ビーバーが上半身裸でスケボーのスキルを披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。