ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョ・ディ・メッシーナ、大ヒット名曲カバーのアコースティックライブを独占公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ20年以上にわたり、カントリー・ミュージック界においてそれと分かる特徴ある声で「Bye Bye」、「You’re Not In Kansas Anymore」、「Stand Beside Me」などのヒット曲を生んできたジョ・ディ・メッシーナ。彼女はこの度、1999年の夏にカバーし大ヒットさせたドッティ・ウェストの名曲「Lesson In Leavin」をアコースティック・バージョンで披露し、その映像を米ビルボード・サイトで初公開した。

 メッシーナは米ビルボードに対し、同曲のカバーがどのようにして誕生したのかを語っている。

 「この曲を初めて聴いたのは、テレビでドッティ・ウェストの物語(『Big Dreams and Broken Hearts』1995年)を見ていたときだったわ。それで、この曲を共同プロデュースしたティム・マッグロウが私に合うからって、取り上げることを提案してくれたわけ」と説明するメッシーナ。さらには、「やってみて本当に良かったわ。コンサートでこの曲をやるのは本当に楽しいの。特に今回みたいにアコースティックで歌うのもね。未だにお気に入りの1曲よ!」と続けた。

 同曲はファンからも大きな支持が得られ、米ビルボードの“Top Country Songs”チャートで7週間No.2をキープ(1位はローンスターの「アメイズド」だった)したほか、シングル・チャート“Hot 100”では彼女がこれまでにトップ30入りさせた2曲のうちの1曲にもなった。

 YouTubeのカントリー・チャンネル『Country Now』にある“Live from Blackbird Studios”シリーズの一環として撮影されたメッシーナによる今回のパフォーマンスを、米ビルボードが独占初公開することになった。彼女は現在、アルバム『ME』をサポートするツアーを敢行中だが、ニューシングルの制作にも入っているそうだ。同新曲のスペシャル・アコースティック・バージョンも近々、このチャンネルで公開されるという。

◎Jo Dee Messina – Lesson In Leaving | Hear and Now | Country Now
https://www.youtube.com/watch?v=0IONlxP0oXk

関連記事リンク(外部サイト)

アリアナ・グランデ、超絶キュートでヒットソング満載の初単独公演にファン大熱狂
『ウッドストック』サントラの表紙に写る男女2人、46年後の今もその愛続く
ジャスティン・ビーバーが上半身裸でスケボーのスキルを披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP