ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偽者キューブリックがアポロ計画をねつ造? ドタバタコメディ『ムーン・ウォーカーズ』予告編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


実はアポロ11号の月面着陸は失敗していて、アメリカ政府の依頼を受けたスタンリー・キューブリック監督が着陸映像をねつ造したらしい……? 昔からまことしやかにウワサされてきたそんな都市伝説を大胆に脚色したコメディ映画『ムーン・ウォーカーズ』が、11月14日(土)より日本公開。本日、ノンストップのドタバタを繰り広げる日本語版予告編が公開されました。

『ムーン・ウォーカーズ』予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=7TndpeDr66I

1969年、なかなか月面着陸を成功できないNASAを見かねたアメリカ政府は、映画『2001年宇宙の旅』のキューブリック監督に月面着陸映像のねつ造を依頼。CIA諜報員・キッドマン(ロン・パールマン)をロンドンに送り込みます。しかし、ベトナム戦争帰りで映画に全く詳しくないキッドマンは、偶然キューブリックのエージェントオフィスにいた借金まみれのダメ男・ジョニー(ルパート・グリント)から莫大な制作費をダマし取られるハメに。次第にロンドンのギャングやヒッピー、そしてCIAまでもが入り乱れ修羅場と化していく中で、果たして彼らは世紀のねつ造計画を成功させることができるのでしょうか……。



『ハリー・ポッター』のロン役で日本でも一躍有名になったルパート・グリントは、なぜかヘタレのダメ男役が妙にお似合い。『パシフィック・リム』『ヘルボーイ』シリーズなどのロン・パールマンとどんな掛け合いを見せてくれるのか、フランス・ベルギーの合作映画ということで、アメリカへの配慮は一切ナシのブラックな笑いを期待したいところです。

なお、11月14日(土)の全国公開に先駆け、上野・浅草で開催される『したまちコメディ映画祭』では9月20日(日)にジャパン・プレミア上映を予定。宇宙にちなんだ豪華ゲストも来場するとのことなので、公開を待ちきれない人は『したコメ』のサイトをチェックしましょう。

『ムーン・ウォーカーズ』公式サイト:
http://moonwalkers-movie.jp/

『したまちコメディ映画祭 in 台東』公式サイト:
http://www.shitacome.jp/2015/index.shtml[リンク]

(c) Partizan Films- Nexus Factory – Potemkino 2015

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP